GENIE

ひげ脱毛に関するデメリットを掲載しています。GENIEは広島のひげ脱毛専門店です。

ひげ脱毛にデメリットはある?


語られないデメリット

1.語られないデメリット

 インターネットなどで、”ひげ脱毛”に関する情報を調べていると、メリットについてはすぐに見つけることが出来ますが、デメリットについて書いているホームページや記事は少ないです。
 メリットを知ることは大事ですが、ひげ脱毛にデメリットは無いのか気になりますよね。
 今回は、ひげ脱毛に関するデメリットについてご紹介していきます。
 広島で、これからひげ脱毛をスタートしようとお考えの男性は一度お読みください。

ひげ脱毛に関するデメリット

2.ひげ脱毛に関するデメリット

 それでは、ひげ脱毛に関するデメリットについてご説明していきます。
 ひげ脱毛を受ける前にチェックしておきましょう。

(1)時間とお金が掛かる
 ひげ脱毛は、一度の施術で終わるものではありません。
 脱毛期間は1年以上、費用としては5万円以上は必要だとお考えください。
 また、クリニックでひげ脱毛を受ける場合、健康保険は適用されませんので注意しましょう。
 ひげ脱毛を受ける前に、気になる脱毛サロンやクリニックの料金を比較することをお勧めします。

日焼けが出来ない
(2)日焼けが出来ない
 光脱毛やレーザー脱毛といった光源を利用して脱毛する方法の場合、日焼けした黒い肌に施術をすることは出来ません。
 日常生活で起こる程度の日焼けなら大丈夫ですが、夏に海やプールで日焼けをするのはNGです。
 どうしても日焼けをしてしまう場合には、日焼け止めクリームを塗るなどの対策を行いましょう。

(3)ヒゲが目立つようになる
 レーザー脱毛の施術を受けた後に、ヒゲが一時的に濃く見えてしまうことがあります。
 これは、ヒゲの表面が焼けてしまい通常より目立ってしまうからです。
 一時的なものですので、施術後10日程するとヒゲはポロポロ抜け落ちます。
硬毛化・多毛化

(4)硬毛化・多毛化
 稀に、ヒゲについても硬毛化や多毛化が起こることがあります。
 硬毛化・多毛化とは、施術前よりヒゲや体毛が濃くなってしまう現象です。
 もし、硬毛化や多毛化が起こったとしても、施術を継続することで綺麗にすることが可能です。

(5)肌トラブル
 ひげ脱毛の施術後に、毛嚢炎や赤み、炎症などといった肌トラブルが起こることがあります。
 こういった肌トラブルは、アフターケアをすることでリスクを抑えることが可能です。
 ひげ脱毛の期間中は、自宅で保湿をこまめにするようにしましょう。



火傷

(6)火傷
 クリニックで行うレーザー脱毛は、出力が高いため火傷のリスクがあります。
 特に、日焼けした肌、敏感肌、光線過敏症、といったことに該当する人はより可能性が高まります。
 自分がひげ脱毛を受けても大丈夫か、事前に脱毛サロンやクリニックで相談するようにしてください。

(7)ヒゲを生やせない
 メリットでもありますが、ひげ脱毛が完了するとヒゲが生えなくなります。
 将来的にヒゲを生やしたくなるかもしれない男性は、ひげ脱毛は止めておいた方が良いかもしれません。
 部分的に脱毛する”デザイン脱毛”も可能なため、必要ないヒゲだけを脱毛するのも1つの解決法です。

まとめ

 以上が、ひげ脱毛に関するデメリットについてとなります。
 今回は、効果が継続する脱毛サロンやクリニックで受けるひげ脱毛についてのデメリットを紹介しました。
 一時的な除毛である、”ワックス脱毛や脱毛クリーム”に関する情報ではありませんので注意してください。

 当店は、広島でも珍しい男性向けひげ脱毛専門店となっております。
 ひげ脱毛に特化したオリジナル脱毛機を使用しているため、低料金で高い脱毛効果を提供することが可能となりました。
 「男性向けの脱毛は高い!」というイメージを持たれている方が、広島にも多くおられると思います。
 そのような方達にも気軽にひげ脱毛を受けて頂けるよう、広島一安い料金設定としております。
 広島で濃い髭にお悩みの男性は、無料カウンセリングやお試し脱毛だけでもご来店ください。
 経験豊富な男性スタッフが皆様のお越しをお待ちしております。