GENIE

ヒゲについて外国と日本の考え方を掲載しています。広島のGENIEで男性の青ひげ解消!

外国と日本のヒゲに対する考え方


日本で嫌がられるヒゲ

1.日本で嫌がられるヒゲ

 最近は、男性にも清潔感が求められる時代となり、美意識の高い男性も増加しています。
 そのため、メンズエステで肌ケアや歯のホワイトニングをしたり、脱毛サロンでヒゲや体毛を脱毛する方もおられます。
 特に濃いヒゲを生やしていると、女性に不潔なイメージを持たれる可能性が高くなります。
 今回は、多くの男性が悩むヒゲについて、日本と外国の考え方の違いなどをご紹介していきます。
 広島で、青ひげにお悩みの男性は参考にしてください。

外国ではヒゲは男らしさの象徴

2.外国ではヒゲは男らしさの象徴

 実は、ヒゲに対する考え方は、日本と外国でかなりの違いがあります。
 外国人は、ヒゲや体毛を”男らしさの象徴”とみなすため、外国で自身のヒゲが濃いことを悩んでいる人は少ないです。
 ハリウッドスターなどを見ても分かるように、欧米人はヒゲや体毛の濃い男性が多いです。
 逆に、ヒゲを綺麗に剃り過ぎてしまうと、ゲイだと判断される可能性もあるため、ワザとヒゲを伸ばしているという男性もいるほどです。
 外国とは対照的に、日本の場合、ヒゲや体毛は処理していないと不潔なイメージを持たれやすくなります。
 無精ひげを生やしている男性は、どうしてもだらしなく見えてしまうのが実情ですよね。

女性がヒゲに持つイメージ

3.女性がヒゲに持つイメージ

 女性がヒゲに持つイメージも、日本と外国では違っています。
 欧米の場合、ヒゲを生やしている男性の方が男らしく、ダンディで格好良いと考える女性が多いです。
 また、アメリカ人にアンケート調査をしてみたところ、体毛がある男性の方が好感が持てるという意見が8割を超えたそうです。
 日本の場合それとは真逆になっており、9割以上の女性が、男性の体毛は不潔と考えている調査結果があります。
 ヒゲについても同様で、ヒゲが薄い方が好印象という回答をした女性がかなり多かったようです。
 アンケート調査からも明らかなように、外国と日本ではヒゲや体毛に対する見解が大きく異なります。
ヒゲを綺麗にするのはマナー

4.ヒゲを綺麗にするのはマナー

 今までのことを読んで頂くと、欧米に生まれた方が気が楽だったと感じるかもしれませんが、日本で生活する以上、日本人の好みに合わせなければ、異性から好印象を持ってもらうことは出来ません。
 男性の場合、服装や髪型などに注意するのは当然ですが、ヒゲや体毛を綺麗に処理するのも1つのマナーとなっています。
 自分は全くヒゲのことなど気にしていなくても、マナーとして青ひげ対策を行った方が良いでしょう。
 日本人は潔癖な国民性を持っているため、それが男性のヒゲや体毛にマイナスのイメージを抱かせるのかもしれませんね。

青ひげ解消には脱毛

5.青ひげ解消には脱毛

 清潔感を持つためには、濃い青ひげを無くすことが必須となります。
 人に対して抱く印象は、最初の30秒でほとんどが決まってしまうと言われています。
 そのため、初対面でどれだけ爽やかなイメージを持ってもらうかが重要となります。
 しかし、青ひげというのは電気シェーバーやカミソリで剃っても解消されることはありません。
 青ひげは皮膚の下から透過して見えているヒゲのため、いくら剃っても無くなることはないためです。
青ひげ解消には脱毛2
 青ひげを解消するためには、脱毛サロンやクリニックでひげ脱毛を受けるしか方法はないです。
 除毛クリームやワックス脱毛によって、一時的に青ひげを無くすことが出来たとしても、数日したら再びヒゲは生えてきてしまうので、処理するのに終わりがありません。
 そのため、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛のように、毛根部分にダメージを与えてヒゲを生やさないようにする脱毛方法をオススメします。
 悩んでいても貴方のヒゲが薄くなることはありません。
 まずは、気になる脱毛サロンのホームページをチェックするところから始めてみましょう。
 最近では、都心部を中心として男性専用の脱毛店も増えてきているため、それだけ男性脱毛の需要が高まっているということです。
まとめ
 当店は、広島では珍しい男性専用のひげ脱毛専門店となっております。
 ひげ脱毛専門のため、ひげ脱毛専用モードを搭載した純国産脱毛機を採用しております。
 また、広告費などの余分なコストを徹底的にカットしておりますので、広島一安い料金で皆さんのヒゲを脱毛させて頂きます!
 無料カウンセリングの受付は随時行っておりますので、電話かメールでのご予約をお願い致します。
 広島のヒゲに悩んでいる男性は、年齢問わず当店へご来店ください!