GENIE

GENIEは広島のメンズ(男性)脱毛専門です。ひげ剃りでカミソリ負けする時の対処法

ひげ剃りでカミソリ負けする時の対処法


ひげの毛抜きには注意が必要

1.ひげ剃りでカミソリ負けをする原因

 社会人男性であれば、日課として毎朝ひげ剃りを行っていると思います。
 しかし、ひげが硬く濃い人や肌が弱い人の場合、カミソリ負けをした経験もあるのではないでしょうか。

 そもそも、カミソリ負けとはどういったものなのでしょうか?
 医学的には、尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)と言います。
 ひげ剃りを行った際に肌が傷つき、その傷に雑菌が侵入して炎症や化膿を起こす症状となります。
 酷い場合には、炎症だけでなく出血をすることもあります。

 それでは、カミソリ負けが起こる原因は何なのでしょうか?



ひげを抜くことで起こるトラブル

(1)お肌のケアが不十分
 肌というのは、身体が健康なときは滑らかでありカミソリ負けも起こりにくいです。
 しかし、身体が付かれている時や空気が乾燥している時には、摩擦が強くなりカミソリ負けが起きやすくなります。
 そのため、日頃から疲れを溜めない生活習慣を心掛けたり、保湿をしっかりすることで快適なひげ剃りを行うことが可能となります。

(2)カミソリの性能や剃り方
 皆さんの顔に生えている”ひげ”は、かなり太く硬い毛となります。
 そのため、切れ味の悪いカミソリで剃ったり、ひげと逆らうように逆剃りすることもカミソリ負けの原因となります。
 ひげ剃りを行う前にシェービングクリームを使ったり、性能の高いカミソリを使うことでカミソリ負けを防ぐことが出来ます。

ひげを抜くことで起こるトラブル2

2.カミソリ負けを防止する方法

 それでは、そんなカミソリ負けを防ぐためにはどのような対処法があるのでしょうか?

(1)電気シェーバーを使う
 上で書いた通り、カミソリ負けとはひげ剃り時に肌が傷つくことが原因で起こります。
 そのため、電気シェーバーでは肌に直接刃が当たる訳ではないため、カミソリ負けの原因となる小傷を作りにくくなります。
 ひげ剃りの際に、毎回カミソリ負けしてしまう男性は、電気シェーバーに変えてみるのも1つの対処法です。

(2)シェービングクリームを使用する
 カミソリでひげ剃りをする時に、顔にしっかりシェービングクリームを塗ることで、ひげが剃りやすくなります。
 そのため、何度もカミソリを走らせることもなくなるため、カミソリ負けを防止することが出来ます。

(2)毛嚢炎(もうのうえん)2

(3)性能の高いカミソリを選ぶ
 ホテルなどに設置しているT字カミソリを使用するとカミソリ負けを起こしやすい、と感じる男性はいませんか?
 実は、その理由はカミソリの刃が悪いのではなく、カミソリ自体の重さが影響しています。
 適度な重さのあるカミソリを使用すると、カミソリ全体の重さでひげを剃ることになるため、必要以上に肌にダメージを与えることがありません。
 軽いカミソリの場合、カミソリに伝える力が大きくなってしまい必要以上の圧力が肌に与えられてしまいます。

 また、カミソリの刃が増えるほど肌に与えるダメージも少なくなります。
 そして、刃の枚数が増えることで深剃りもし易くなるため、肌が弱い男性は多枚刃のカミソリを選ぶようにしましょう。

(3)色素沈着

(4)ひげ脱毛を行う
 カミソリ負けを防止する方法で最もオススメなのが、”ひげ脱毛を行う”ことです。
 これまでご紹介してきた方法は、生えているひげに対しての防止策でした。
 しかし、根本的にひげを生えないようにすることが出来れば、カミソリ負けで悩むことも無くなります。

 ひげを脱毛するには色々な脱毛方法が存在します。
 肌が弱い男性や痛みが心配な男性には、”フラッシュ脱毛”が最も適しています。
 フラッシュ脱毛は、脱毛サロンで提供されている最もポピュラーなひげ脱毛の方法となります。
 脱毛機から照射される光の強さが抑えられているため、痛みや肌へのダメージも少なくなります。

ひげは毛抜きより”脱毛”

 以上が、ひげ剃りの際にカミソリ負けを防ぐ対処法となります。
 ひげ剃りというのは、ひげが生えてくる限り毎日行う必要のある作業です。
 カミソリ負けでお悩みの男性や毎日のひげ剃りが面倒な男性は、ひげ脱毛を行ってみるのも1つの方法です。

 当サロンはひげ脱毛を専門としている脱毛サロンのため、広島でカミソリ負けで困っている男性はお気軽にご相談ください。
 カウンセリング及びパッチテストについては無料となっております。
 ひげを脱毛することで今後の人生が変わってきます!

ひげ剃りでカミソリ負けする時の対処法 動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明