GENIE

喫煙が髭(ひげ)に与える影響を掲載しています。青ひげを解消するなら広島のGENIE。

喫煙と髭(ひげ)の関係性


喫煙でひげが濃くなる?

1.喫煙でひげが濃くなる?

毎朝しっかりとヒゲ剃りを行ったのに、午後には青ひげが目立ってきてしまう、という男性もいると思います。
 もし、皆さんが喫煙者ならば、ひげが濃いのは喫煙が原因かもしれません。
 今回は、喫煙と髭(ひげ)の関係性についてご紹介します。
 喫煙者の方で、濃い青ひげにお悩みの男性は参考にしてください。

髭や体毛は男性ホルモンの影響を受ける

2.髭や体毛は男性ホルモンの影響を受ける

 実は、皆さんの身体全体に生えているひげや体毛は、男性ホルモンの影響により成長するスピードが変化します。
 男性ホルモンの一種で「テストステロン」というものがあり、テストステロンには成長するスピードを速める作用があるのです。
 そのため、体内の男性ホルモンの分泌量が多いと、ひげや体毛が速く成長するようになり、結果として青ひげなどのように濃くなってしまいます。
 女性の体毛は、男性と比べて薄いというイメージを持たれていると思いますが、男性ホルモンの分泌量が男性よりも少ないのが理由です。
 段々とひげが濃くなってきた、と感じた場合には、体内の男性ホルモンの分泌量が増加している可能性があります。

喫煙と髭の関係性

3.喫煙と髭の関係性

 先ほど、ひげや体毛を濃くする原因の1つとして、男性ホルモンの分泌量が多くなることを挙げました。
 それでは、男性ホルモンの分泌量は何をしたら増えてしまうのでしょうか?
 男性ホルモンは、不規則な生活・食生活の乱れ・過度なストレス・運動不足など色々な要因によって増加します。
 そして、その中の要因として「喫煙」も挙げられるのです。
 
 人間の体は、有害物質が体内に侵入すると、排出するために男性ホルモンを盛んに分泌します。
 タバコには、ニコチンやタールといった有害物質が多く含まれており、血管収縮を起こしたり発癌性などの人体に悪影響な性質を持っています
 そのため、喫煙してそれらの有害物質が体内に取り込まれると、体外に排出するために男性ホルモンを盛んに分泌するようになります。
 その結果、皆さんのひげが今までより濃くなってしまうのです。
喫煙と髭の関係性2

 以上が、喫煙と髭の関係性についてです。
 ヘビースモーカーの男性で、ひげが濃いと悩んでいる場合には、禁煙することで改善するかもしれません。
 また、喫煙は頭髪の薄毛の原因になりますし、様々な病気を引き起こす原因にもなります。
 タバコは、「百害あって一利なし」のため、健康のためにも禁煙することをオススメします。

 しかし、頑張って禁煙したけど青ひげが解消されないという男性もいるでしょう。
 そのような男性は、生まれつき男性ホルモン分泌量が多い体質なのかもしれません。
 自分で出来ることをやっても濃いひげが無くならない場合には、クリニックや脱毛サロンで「ひげ脱毛」を受けることをオススメします。
 ”脱毛は女性が行うもの”という先入観を持たれている男性が少なくありませんが、近年では、若者を中心として「ひげ脱毛」を受ける方が増加しています。
 ひげ脱毛を受けることで、悩んでいた青ひげも解消されますし、毎朝のヒゲ剃りに掛かっていた手間も無くなります。



広島で”ひげ脱毛

4.広島で”ひげ脱毛”

 この記事を読んで頂いている方の中で、広島に在住の男性もいるかもしれません。
 広島で濃い青ひげにお悩みの方は、広島で数少ないひげ脱毛専門店のGENIE(ジーン)へご相談ください。
 ひげ脱毛に特化したオリジナル脱毛機を採用しておりますので、痛みを抑えながらも高い脱毛効果を発揮することが可能です。
 当店では、髭をツルツルの状態にする以外にも、適度に薄くするといった”ナチュラル脱毛”も可能となっております。
 ひげ脱毛の実績が豊富なメンズ脱毛サロンのため、皆さんのひげに関するお悩みを全て解決致します!
 まずは、無料カウンセリングやお試しひげ脱毛からスタートしてみてはいかがでしょうか。