GENIE

ひげ脱毛における個人差について注意点などを掲載しています。広島でひげ脱毛するならひげ脱毛専門GENIEをご利用ください。

ひげ脱毛にも個人差があるのか?


ひげ脱毛にも個人差があるのか?

1.ひげ脱毛にも個人差があるのか?

 皆さんの顔に生えている”ひげ”は、人によって濃さや生え方も大きく異なります。
 そして、その人によって違うひげを脱毛する時にも、個人差は存在するのでしょうか?
 結論を先に述べますと、ひげ脱毛には”脱毛効果”や”痛み”などの点で個人差が生じてしまいます。



ひげ脱毛で個人差が生じる理由

2.ひげ脱毛で個人差が生じる理由

 ひげ脱毛には、”脱毛効果”と”痛み”という2つの大きな個人差が存在します。

(1)脱毛効果の個人差
 皆さんのひげの濃さや生え方に個人差があるため、同じひげ脱毛の施術を受けたとしても、脱毛効果に個人差が生じてしまいます。
 普通に考えると、”ひげが濃いと脱毛効果が出にくい”のではないか、と心配になりますよね。
 しかし、ひげ脱毛で一般的な脱毛方法であるフラッシュ脱毛やレーザー脱毛では、そのような心配は無用です。
 フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では、毛に含まれる黒いメラニンというものに反応する特殊な光源を照射して脱毛していきます。
 そのため、ひげが濃いほど照射時に含まれるメラニンの量が多くなるため、光がたくさん反応し脱毛効果が高くなります。
 反対にひげが薄い人の場合、光が反応しにくいため脱毛効果が低くなってしまうことがあります。
 このように、ひげの濃さによってひげ脱毛の効果に個人差が生じてしまいます。

痛みの個人差

(2)痛みの個人差
 ひげ脱毛には、脱毛効果の他に施術の際に感じる痛みについても個人差が存在します。
 基本的には、光を照射した際に多くのメラニンが含まれていると強い痛みを感じます。
 そのため、ひげの濃い男性ほど痛みが強いということになります。

 しかし、ひげの濃さ以外にも痛みの強さに影響するものが存在します。
 人が痛みを感じるのは神経組織という部分であり、生まれつき個人差があります。
 その結果、痛みを感じやすい体質の男性と感じにくい体質の男性がいます。
 施術時の痛みが心配の男性は、脱毛サロンで提供されているフラッシュ脱毛からスタートするのがオススメです。

ひげ脱毛で個人差が生じる理由

2.ひげ脱毛で個人差が生じる理由

 それでは、ひげ脱毛の個人差に対処する方法をご紹介します。

(1)脱毛効果についての対処
 ひげが薄く脱毛効果の低い男性に対する対処としては、脱毛機から照射する光の出力を上げるという方法が挙げられます。
 光の出力を上げることで、黒いメラニンの量が少なくてもキチンと反応するようになります。
 しかし、出力を上げると肌に与えるダメージも大きくなるため、それなりのリスクも存在します。
 他には、ひげ脱毛の施術回数を通常よりも増やすというのも有効な対処法です。

(2)痛みについての対処
 施術の際に感じる痛みについての対処としては、色々なものが用意されています。
 病院やクリニックでひげ脱毛を受ける場合、痛みを緩和する麻酔を使用することが可能です。
 色々な種類の麻酔が準備されていますが、注意点としては脱毛料金とは別に費用が発生します。
 麻酔を使用したいとお考えの男性は、事前に医師に相談するようにしましょう。

 脱毛サロンでひげ脱毛を受ける場合、冷却ジェルやアイスパックなどで施術部位を冷やすという対処となります。
 麻酔ほどの効果はありませんが、しっかり冷却することで痛みをかなり抑えることが可能です。

ひげ脱毛で個人差が生じる理由2

 以上が、ひげ脱毛における個人差となります。
 どうしても脱毛効果や痛みについて個人差が生じてしまいますが、対処法も色々と用意されているため、安心してひげ脱毛を受けてください。
 当サロンは、広島で数少ないひげ脱毛専門の脱毛サロンとなっております。
 ひげ脱毛に特化したオリジナル脱毛機を使用しているため、広島でひげ脱毛をお考えの男性は是非ご利用ください。
 カウンセリング及びパッチテストについては無料となっております。