GENIE

ひげ脱毛でヒゲを間引く方法について掲載しています。広島でひげ脱毛をお考えなら広島ひげ脱毛専門GENIEをご利用ください。

ひげ脱毛でヒゲを間引く


ヒゲを”間引く”とは?

1.ヒゲを”間引く”とは?

 ひげ脱毛によって、ヒゲがないツルツルの肌にするのも良いですが、ひげ脱毛をお考えの皆さん全てがそれを希望するわけではありません。
 ヒゲを全て無くしてしまうと違和感を感じてしまう男性の場合、ヒゲを少しだけ薄くするために”間引く”方法も存在します。
 ”間引く”とは、家庭菜園などで作物の発育に十分な間隔を空けるために、間にある苗を抜くというのが本来の意味です。
 ひげ脱毛でも同じように、全てのヒゲを無くすのではなく、全体的に適度な間隔を空けながらヒゲを脱毛していくことで、ヒゲを一定の薄さに統一していくことを指します。
 ヒゲを間引くことで、ヒゲをある程度残しながら薄くしていくことが可能となります。



ヒゲを間引くにはニードル脱毛

2.ヒゲを間引くにはニードル脱毛

 それでは、ヒゲを間引くためにはどのような脱毛方法が適しているのでしょうか?
 現代では、ヒゲを脱毛するためには色々な方法が用意されていますが、全ての方法でヒゲを間引くことは出来ません。
 ヒゲを間引くには、”ニードル脱毛(針脱毛)”で脱毛処理を行っていく必要があります。

 ニードル脱毛とは、毛穴1本1本に対して針を刺して施術を行っていきます。
 1本1本確認しながら処理をしていくことが可能なため、ヒゲを確実に間引くことが出来ます。
 しかし、そんなニードル脱毛にも注意点が存在します。
 ニードル脱毛の脱毛効果は、”永久脱毛”と呼ばれるほど高い効果を発揮しますが、その代わりに施術時にかなりの痛みが伴います。
 また、肌へのダメージが大きいため、施術後に毛穴が赤く腫れ上がることもあります。
 そして、ヒゲの間引く量が多いと長時間の施術が必要になりますし、脱毛料金もかなりの高額になってしまいます。
 そのため、ニードル脱毛は他の脱毛方法と比較してハードルが高いというのも事実です。

薄くするなら他の脱毛方法でも可能

3.薄くするなら他の脱毛方法でも可能

 ヒゲを間引くにはニードル脱毛しか方法はありませんが、全体的にヒゲを薄くするということであれば他の脱毛方法でも可能です。
 脱毛サロンのフラッシュ脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛の場合、密集しているヒゲの中で”特定のヒゲのみ処理する”ということは困難です。
 しかし、上記の2つの脱毛方法では、一度の施術でヒゲが全て無くなってツルツルの顔になるわけではありません。
 毛周期と呼ばれる毛の生え変わりサイクルに沿って施術を受けて頂くことで、徐々にヒゲを薄くしていきます。
 そのため、全体的にヒゲを薄くしたいという要望であれば、ニードル脱毛である必要はありません。
 特にフラッシュ脱毛の場合、低料金で施術時間も短く、さらに痛みも少ないため、皆さんが考えている以上にひげ脱毛を気軽に行うことが出来ます。
 ただし、ヒゲを薄くするというのは、施術者の高い技術が要求されますので、実績と経験が豊富なサロンを選ぶようにしてください。
 以上が、ひげ脱毛でヒゲを間引く方法となります。
 広島ひげ脱毛専門GENIE(ジーン)では、ヒゲを間引くことは出来ませんが、ヒゲを全体的に薄くする”減毛処理”については可能となっております。
 経験豊富な男性スタッフがカウンセリング及び施術を担当致しますので、皆さんの希望の仕上がりをお伝えください!