GENIE

ニキビ痕やホクロがあってもひげ脱毛を受けられるのか掲載しています。広島でヒゲにお悩みならGENIEへ。

ニキビ痕やホクロがあってもひげ脱毛可能?


顔はデリケートな場所

1.顔はデリケートな場所

 ヒゲが生えている顔は、身体の中でも特にデリケートな場所のため、肌トラブルが起きやすいと言えます。
 若い人はニキビ、中年男性はシミや色素沈着などに悩まされ、肌が弱い人はカミソリ負けに苦労していると思います。
 そのような肌トラブルは、お肌のセルフケアや生活習慣の見直しなどで改善することも可能ですが、それだけで全てを解消するのは難しいです。
 そして、肌トラブルの有無によって、ひげ脱毛を受けることが可能なのかも左右されてきます。
 今回は、一番悩みの多い、ニキビ痕やホクロ・シミがある状態で、ひげ脱毛を受けることが可能なのかご紹介していきます。
 広島で、ニキビやホクロが顔に出来ている男性は、ひげ脱毛を行う前に一度確認しておきましょう。

ひげ脱毛の仕組み

2.ひげ脱毛の仕組み

 まず初めに、一般的なひげ脱毛の毛が抜ける仕組みについてご説明していきます。
 レーザー脱毛やフラッシュ脱毛など、脱毛機から光線を照射していく方法では、毛に含まれている「メラニン色素」に光線を反応させ熱を与えていきます。
 黒色のメラニンが含まれているヒゲは、この光線に反応し熱を持ち、それが毛根部分に伝わります。
 毛根部分に熱が伝わると、毛細胞が破壊されたりダメージを受けるため、ヒゲが生えてこなくなります。
 これが、簡単なひげ脱毛の仕組みとなります。

メラニンは肌にも含まれる

3.メラニンは肌にも含まれる

 ヒゲや体毛に含まれていると説明したメラニンですが、実は肌にも含まれています。
 また、メラニンにもいくつか種類が存在します。
 人の肌には、ユーメラニンとフェオメラニンという2つが存在しており、それが混ざって色が付いています。
 ニキビ痕やホクロは肌が黒くなっているため、メラニンが集中して集まっている部分となります。 
 そして、メラニンはメラノサイトという組織で生成されていますが、これが何らかの影響で上手く機能しなくなると、白髪や白いヒゲが生えてきてしまうのです。
ニキビ痕やホクロがあってもひげ脱毛可能?

4.ニキビ痕やホクロがあってもひげ脱毛可能?

 それでは、本題のニキビ痕やホクロがあっても、ひげ脱毛を受けることが出来るのか解説していきます。
 
(1)濃さで判断
 ニキビ痕やホクロにもメラニンは含まれています。
 しかし、その濃さによっては、そのままの状態でもひげ脱毛の施術を受けることが可能です。
 基本的には、薄く目立たないニキビ痕やホクロであれば問題ありません。
 ニキビ痕が赤色の場合には、まだ炎症を起こしている最中だと考えられますので、その部分を避けて施術を行うか、完治するまで待ってもらうことになります。

ニキビがある場合
(2)ニキビがある場合
 痕ではなく、今現在顔にニキビが発症している場合でも施術は可能なのでしょうか?
 実は、ニキビがある状態の場合、その部分に光線を照射するのは良くありません。
 ニキビ本体にはメラニンが含まれていませんが、ニキビの下や周りにヒゲが存在すると、その周辺が熱を持ちニキビにもダメージが与えられます。
 その結果、ニキビが余計に悪化ししてしまう恐れもありますので、完治させてからひげ脱毛を受けるようにしてください。
 予約日にニキビが発症してしまっている場合、施術前にスタッフに相談するようにしてください。
まとめ
 以上が、ニキビ痕やホクロとひげ脱毛の関係となります。
 脱毛機から照射される光線は、ホクロのように黒い色素が集中している部分にも反応してしまいます。
 過剰に反応してしまい、思わぬ肌トラブルが起こる可能性がありますので、カウンセリングの際にそのクリニックや脱毛サロンの対処方法などを確認しておくと良いでしょう。

 当店は、広島で数少ないひげ脱毛を専門とする男性向け脱毛サロンとなっております。
 顔にニキビやホクロがあったとしても、一時的に白消ししたり避けて打ちますので、ひげ脱毛の施術を受けて頂くことが可能です。
 また、当店で使用している脱毛機は、”ひげ脱毛専用モード”を兼ね備えたオリジナル脱毛機であり、痛みや肌へのダメージを抑えながらも高い脱毛効果を発揮することが可能となっております。
 広島で濃い青ひげにお悩みの男性は、無料カウンセリングだけでもお越しください。
 広島一安い料金で、高い安全性と脱毛効果を広島の皆様にお届け致します!