GENIE

広島ヒゲ脱毛専門ジーン

髭剃りで使うシェービングフォームの種類や利点をご紹介します。ヒゲ脱毛なら広島のGENIE。

ヒゲ剃りでシェービングフォームを使用する利点


毎日必要な髭(ひげ)の自己処理

1.毎日必要な髭(ひげ)の自己処理

 世の男性は、毎日ヒゲ剃りをする際に、顔に石鹼やシェービングフォームを塗ってからカミソリを走らせていると思います。
 しかし、中には面倒だから水で濡らすだけの方や、何も付けないでヒゲ剃りをする方もいるのではないでしょうか。
 今回は、ヒゲ剃りで使用するシェービングフォームの種類や利点などをご紹介していきます。



シェービングフォームとは?

2.シェービングフォームとは?

 そもそもシェービングフォームって何なんでしょうか?
 シェービングフォームは、”お湯などで石鹸を泡立てる”という作業を短縮し、更にカミソリで肌が傷つかないようにする目的で作られました。
 通常のシェービングフォームがスプレー缶に入っているのは、ガスにより石鹸の原液に圧力を掛け泡立てるためです。

シェービングフォームの歴史

3.シェービングフォームの歴史

 地球温暖化など環境問題が深刻になるに連れて、スプレー缶の使用は敬遠されるようになってきました。
 そのため、シェービングフォームも新しい容器に入れたりする必要が出てきました。
 その結果、泡立てる必要のないジェルタイプのシェービングフォームが開発されたり、ガスを使用しなくても泡立てることが可能なポンプ式の容器が作られました。

ヒゲ剃りでシェービングフォームを使用する理由

4.ヒゲ剃りでシェービングフォームを使用する理由

 次に、髭(ひげ)の自己処理でシェービングフォームや石鹸を使う理由を説明します。
 その理由には、肌に含まれている水分が大きく関係しています。
 男性の肌に含まれている水分は、女性と比べて20%ほど少ないと言われています。
 肌に充分な水分が含まれていると艶と張りが出てくるため、肌にカミソリを当ててもカミソリ負けが起きにくくなります。
 水分が少ない男性の肌は、艶と張りが少ないのでカミソリ負けをしやすくなるということです。
 また、髭(ひげ)や体毛は水分が含まれていると柔らかくなる性質があるため、ヒゲを柔らかくすることで剃り易くなったり、剃り残しの防止に繋がります。
 さらに、石鹸やシェービングフォームには洗浄作用もあるため、ヒゲの毛穴に含まれている汚れや雑菌も一緒に流れ落としてくれます。

シェービングフォーム使用時の注意点

5.シェービングフォーム使用時の注意点

 シェービングフォームを使用するときに最も注意する点は、”服に付着しないようにすること”です。
 特にジェルタイプのものですと、洗濯しないと綺麗に落とせないことがあります。
 続いて、”目に入らないようにすること”にも注意してください。
 ホホなどの目に近い場所に塗る際に、指が当たって目に入ってしまうこともあります。
 最後の注意点としては、”ヒゲ剃り後は綺麗に洗い流すこと”が挙げられます。
 顔にシェービングフォームが残ったままだと、肌荒れやかぶれを作る原因となります。

シェービングフォームの種類

6.シェービングフォームの種類

 シェービングフォームの種類について、代表的なものをご紹介します。
(1)泡タイプ
 最もポピュラーなシェービングフォームが泡タイプのものです。
 ”フォーム”とは泡という意味のため、泡タイプのものが一番メジャーとなっているのは当然と言えます。
 現在では、原料に薬用成分も配合されていて肌に優しいものやスプレー缶ではなくポンプ式の容器に入ったもの、洗顔料としても使用できるものなど多種多様なものが市販されています。
(2)ジェルタイプ
 ジェルタイプのシェービングフォームの特徴として、肌全体に均等に塗りやすいということが挙げられます。
 また、泡タイプと比べて顔に塗って時間を置いても、自然に流れ落ちにくいという点もあります。
 ジェルタイプにも薬用成分が配合されているもの以外に、熱を持って肌とヒゲを蒸らす作用のあるもの、クレンジング効果も含まれているものなど、様々な種類が販売されています。

肌を最も傷つけないのは”ひげ脱毛

7.肌を最も傷つけないのは”ひげ脱毛”

 ここまでシェービングフォームの利点などをご紹介してきました。
 シェービングフォームを使用する一番の目的は、”肌を傷つけないようにヒゲを剃ること”です。
 しかし、いくら性能の良いものを使用しても、カミソリを肌に当てる以上、どうしても少しは肌にダメージがあります。
 肌を最も傷つけないヒゲのお手入れ方法は、”ひげ脱毛”を行うことです。
 ひげ脱毛を行うことで自己処理回数が格段に少なくなるため、その分肌への負担が少なくなります。

肌を最も傷つけないのは”ひげ脱毛2

 しかし、ひげ脱毛の施術の際にも肌へダメージが与えられるのも事実です。
 ひげ脱毛の中でも最も肌に優しい脱毛方法は、脱毛サロンで受けられる”フラッシュ脱毛(光脱毛)”です。
 フラッシュ脱毛は一定レベルで抑えられた光をヒゲに照射していくため、肌へのダメージが少ないですし痛みも弱いのが特徴です。
 カミソリ負けでお悩みの男性は、まずはシェービングフォームを正しく使用して頂き、それでも改善されないならひげ脱毛を検討してみてはいかがでしょうか?

 当サロンは、広島市で数少ないひげ脱毛を専門する男性(メンズ)脱毛サロンとなっております。
 男性脱毛サロンのため、皆さんの濃いヒゲにもキチンとした脱毛効果を発揮できるように、脱毛機メーカーと共同開発した男性特化型のオリジナル脱毛機を使用しております。
 広島でヒゲに関するお悩みを抱えている男性や、カミソリ負けで困っている男性はお気軽にご相談ください。