GENIE

髭を濃くなるのを防ぐ効果のある食べ物を紹介しています。解決しない場合はひげ脱毛専門店のGENIE。

髭が濃くなるのを防ぐ食べ物


髭(ひげ)を薄くする食べ物

1.髭(ひげ)を薄くする食べ物

 皆さんの顔から生えている”髭(ひげ)”。
 そんなヒゲを薄くしたり抑毛する効果のある食べ物が存在するのでしょうか?
 結論から先に述べますと、ヒゲを薄くしたり抑毛する効果のある食べ物というのは、この世に存在しません。
 しかし、「ヒゲが濃くなるのを防止する」効果のある食べ物はあります。
 今回は、皆さん生えているヒゲが濃くなるのを防ぐ食べ物についてご紹介していきます。
 広島で濃いヒゲに悩んでいる男性は、これを読んで食生活を改善してみるのも良いかもしれません。

髭(ひげ)が濃くなる原因

2.髭(ひげ)が濃くなる原因

 そもそも、ヒゲは何が原因で濃くなっていくのでしょうか?
 色々原因はありますが、男性ホルモンの影響もその原因の1つです。
 男性ホルモンには、「ジヒドロテストステロン」という種類が存在します。
 ジヒドロテストステロンは、テストステロンという男性ホルモンが変換されて出来るものであり、ヒゲを濃くしたり、頭髪を薄くする作用があります。
 すなわち、ヒゲを濃くするテストステロンの分泌を抑えることが出来れば、ヒゲが濃くなるのを防ぐことが可能ということです。

髭(ひげ)が濃くなるのを防ぐ食べ物

3.髭(ひげ)が濃くなるのを防ぐ食べ物

 それでは、男性ホルモンの分泌を抑制する効果の食べ物にはどんな物があるのかご紹介していきます。

(1)イソフラボンを多く含む食べ物
 納豆、豆腐、大豆飲料、きなこ、味噌、油揚げなど

(2)ビタミンB6を含む食べ物
 鶏肉、牛肉、マグロ、カツオ、イワシ、ニンニク、唐辛子など

(3)ビタミンEを含む食べ物
 カボチャ、オリーブ、たらこ、いくらなど
髭(ひげ)が濃くなるのを防ぐ食べ物2

 この中でも、「イソフラボン」は女性ホルモン(エストロゲン)と同様の働きがあるため、女性ホルモンの働きを高めてホルモンバランスを調整し、結果として男性ホルモンを抑制するという食べ物になります。
 しかし、ヒゲを薄くしたいからと言って過剰摂取をするのは控えるようにしましょう。
 ヒゲを濃くなるのを防止するのは、あくまで間接的な効果のため、過度な期待は厳禁です。

本気で髭(ひげ)を無くしたいなら”脱毛”

4.本気で髭(ひげ)を無くしたいなら”脱毛”

 ここまで、食べ物でヒゲが濃くなるのを防ぐ方法をお伝えしてきましたが、食べ物ではヒゲを薄くすることは出来ません。
 本気でヒゲを無くしたいのであれば、脱毛サロンやクリニックで”ひげ脱毛”を受けるようにしましょう。
 ひげ脱毛を受けながら食べ物にも気を遣うことで、より効果的・効率的にヒゲを脱毛することが出来るはずです。
 ”男性の中で脱毛を受けるのは若者だけ”というイメージを持たれている方もいると思いますが、ひげ脱毛を受けられる年齢層は、30代~40代の男性が最も多く年齢層は幅広いです。
 サラリーマンであれば、ヒゲを綺麗にお手入れするのが必須の場合が多いと思いますので、毎日の自己処理が面倒な方は、いっそのこと脱毛してしまうことをオススメします。
 ヒゲを伸ばしていたら”不潔でだらしない”というマイナスイメージを与えてしまう可能性もありますが、ヒゲが無いことで取引先やパートナーに不快に思われることは絶対にありません。

まとめ

 以上が、ヒゲが濃くなるのを防ぐ食べ物についてです。
 やはり、食べ物だけでヒゲを完全に薄くするというのは不可能に近いです。
 気休め程度の効果と思っておいた方が良いでしょう。
 広島で濃いヒゲにお悩みの男性は、広島一安い料金で高い脱毛効果のGENIE(ジーン)へご相談ください。
 広島では数少ないひげ脱毛専門店のため、皆さんのヒゲに関するお悩みもきっと解決することが可能です。
 カウンセリング及びパッチテストについては、何回でも無料となっておりますので、広島でメンズ脱毛・ひげ脱毛をお考えなら一度ご相談ください。
 経験豊富な男性スタッフが親身になって皆さんのお悩みをサポート致します!