GENIE

ひげ脱毛の適齢期やタイムリミットについてまとめました。広島でひげ脱毛するならGENIEへお任せください。

ひげ脱毛の適齢期やタイムリミット


ひげ脱毛の適齢期

1.ひげ脱毛の適齢期

 ひげ脱毛を考えている男性の中でも、ひげ脱毛を行うのに適齢期が存在するのか気になる方もいらっしゃると思います。
 ひげ脱毛を受けても適齢期から外れていたら再びヒゲが生えてくるのでは、、、と不安になるかもしれません。

 結論から述べますと、ひげ脱毛の適齢期は20歳以上であれば、いつでも適齢期となります。
 ひげ脱毛だけでなくメンズ脱毛全般に言えることですが、何歳でも脱毛施術を受けることは可能です。
 そのため、ひげ脱毛をしたいと考えた時が一番の適齢期です。



>ひげ脱毛の適齢期2

 しかし、ひげ脱毛をしたいと考えた時が10代の頃ならば、もう少し我慢してからひげ脱毛をスタートした方が良いかもしれません。
 なぜならば、10代というのは身体がまだ成長している途中です。
 そのため、体内の成長ホルモンが安定していなかったり、毛穴や毛根が完全に形成されていない場合もあるので、脱毛効果を維持するのが難しいと言えます。
 例え脱毛効果を維持することが出来たとしても、新たに毛穴が作られるとそこから新しいヒゲが生えてきます。

ひげ脱毛の適齢期3

 成長ホルモンの関係で脱毛効果を維持できなかったり、新たに毛穴からヒゲが生えてきたりして、何年か後に再び脱毛サロンやクリニックにひげ脱毛を受けに行くというのは、時間や費用面から考えると勿体ないですよね。
 もし、成人するまで我慢できるというのであれば、10代の間にひげ脱毛を行くのは控えた方が良いでしょう。
 もちろん、どうしても脱毛を受けたいというのであれば、10代でもひげ脱毛を受けることは可能です。
 未成年者が脱毛を受ける場合、親の同意書が必要になるため、自分が気になる脱毛サロンやクリニックのホームページをチェックしてみましょう。

ひげ脱毛のタイムリミット

2.ひげ脱毛のタイムリミット

 続いて、ひげ脱毛にタイムリミットが存在するのかご説明していきます。
 高齢の方でも、自分のヒゲを無くしたいと考えるのはおかしいことではありません。

 タイムリミットについても、ひげ脱毛だけでなくメンズ脱毛全般に言えることですが、制限は特に存在しません。
 中には80歳近い男性でも、ひげ脱毛に通われている方もいます。
 しかし、注意点としては白髪のヒゲや体毛を脱毛しようと考えている場合には、脱毛方法が限られてきます。

ひげ脱毛のタイムリミット2

 脱毛サロンのフラッシュ脱毛(光脱毛)やクリニックの医療レーザー脱毛では、黒い毛に含まれているメラニン色素に反応する特殊な光を照射して脱毛効果を出していきます。
 そのため、メラニン色素が含まれていない白髪のヒゲや体毛には、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛で脱毛効果を出すことが出来ません。
 白髪のヒゲや体毛を脱毛したい場合には、ニードル脱毛(針脱毛)という毛根に直接ダメージを与えてる脱毛方法を選択する必要があります。
 しかし、ニードル脱毛には、施術時の痛みや肌へのダメージが大きいこと、脱毛料金がかなりの高額になってしまうことなどのデメリットも存在するので注意してください。
 痛みを抑えて料金も安く脱毛したいのであれは、自分のヒゲや体毛が黒い間に脱毛してしまう方が良いでしょう。

ひげ脱毛のタイムリミット3

 以上が、ひげ脱毛の適齢期やタイムリミットとなります。
 基本的にひげ脱毛・メンズ脱毛に明確な適齢期やタイムリミットは存在しません。
 自分が気になると思った時にスタートするのが一番です。

 広島メンズ脱毛・ひげ脱毛専門GENIEでは、未成年者の学生の方から高齢者の方まで幅広い年齢層のお客様が来店しております。
 若すぎるから、、、高齢過ぎるから、、、と悩む必要はありませんので、お気軽に悩みをご相談ください!