GENIE

ヒゲ剃りを行うタイミングについてご紹介します。広島で青ひげにお悩みならGENIEへ。

ヒゲ剃りをするタイミング


日課のヒゲ剃り

1.日課のヒゲ剃り

 社会人男性であれば、大半の方がひげを綺麗に処理しておかなければならないと思います。
 そのため、毎日生活サイクルの一部として、ヒゲ剃りを行っているのではないでしょうか。
 しかし、そのヒゲ剃りですが、いつ剃っても同じなのか考えたことはありますか?
 実は、ヒゲ剃りにも良いタイミングや悪いタイミングが存在します。
 今回は、ヒゲ剃りを行うのに適したタイミングなどをご紹介していきます。
 広島で毎日ヒゲ剃りを行っている男性は一度ご覧ください。

ヒゲ剃りタイミングのポイント

2.ヒゲ剃りタイミングのポイント

 皆さんの顔に生えているひげは、皮膚の中から伸びてきています。
 そのため、ヒゲ剃りでは、皮膚表面の毛穴から出ているひげしか物理的に剃ることはできません。
 ひげが皮膚の外に出ているほど深剃りをしやすいですし、皮膚に隠れているとひげが剃りにくくなります。
 つまり、ヒゲ剃りを行う上で、「ひげが皮膚からどれぐらい出ているか」が重要となってきます。
 もちろん、ひげがしっかりと皮膚表面から出ている方が良いタイミングと言えます。

起床後すぐにヒゲ剃りはNG

3.起床後すぐにヒゲ剃りはNG

 皆さんは、どのタイミングでひげを剃っていますか?
 もし、朝起きてすぐにヒゲ剃りを行っているのであれば、それは一番悪いタイミングとなります。
 なぜなら、起きた直後というのは、顔に水分が沢山溜まった状態となっています。
 長時間横になっていると体中の水分が顔に集まってくるため、寝起きに顔が浮腫んでしまうは自然なことです。
 そして、顔が浮腫んでいると、ひげが皮膚の奥に隠れやすくなってしまいます。
 そのため、浮腫んだ状態でヒゲ剃りを行っても、十分に深剃りをすることは出来ません。
 起きて少し時間を置くと、顔に集まった水分が引いていき、浮腫みが収まってきます。
 ヒゲ剃りを行うタイミングは、起きた直後ではなく、起きて30分は空けた方が良いでしょう。
浮腫みが引くと髭が出てくる

4.浮腫みが引くと髭が出てくる

 上に書いたように、起きてすぐヒゲ剃りを行うのは悪いタイミングです。
 起きてすぐヒゲ剃りを行った時の一番の問題点は、「浮腫みが引くと一気にひげが出てくる」ということです。
 自分では深剃りしたつもりでも、浮腫みが引くと急にひげが伸びたと錯覚してしまうほど目立ってしまいます。
 ”朝剃ってもすぐにひげが伸びてきて悩んでいる”という男性は、家を出る前にヒゲ剃りを行ってみると改善するかもしれません。

根本的に解決するなら”ひげ脱毛””

5.根本的に解決するなら”ひげ脱毛”

 いくらひげを剃るタイミングを工夫したとしても、皮膚の下から透過して見える青ひげが解消されることはありません。
 もし、青ひげ自体を無くしたいのであれば、脱毛サロンやクリニックなどで「ひげ脱毛」を受けることをオススメします。
 ”脱毛”と聞くと高いイメージを持たれている男性が多いと思いますが、最近では昔よりかなりリーズナブルな料金となっています。
 この先ずっとヒゲ剃りを行っていくと、カミソリの替え刃代や電気シェーバーの購入費用などが必要となってきます。
 ひげ脱毛によって、それらの費用がほとんど必要なくなることを考えたら、経済的にみてもメリットがあるかもしれません。

まとめ

 以上が、ヒゲ剃りを行うタイミングと青ひげの解消方法となります。
 当店は、広島でも珍しい「男性のひげ脱毛」を専門とするメンズ脱毛サロンとなっております。
 根強いひげに高い効果を発揮できるよう、男性向けのオリジナル脱毛機を採用しております。
 広島一お安い料金でひげ脱毛を提供しているため、きっと皆さんが脱毛に持たれている高額なイメージを払拭することが出来るはずです。
 広島で、毎日のヒゲ剃りが面倒で嫌になっている男性は、ひげ脱毛専門店のGENIE(ジーン)へ一度ご相談ください!