GENIE

ひげ脱毛が向いていない男性について理由などをご紹介しています。広島でひげ脱毛をお考えならGENIEをご利用ください。

ひげ脱毛を受けない方が良い男性


ひげ脱毛を受けない方が良い男性

ひげ脱毛を受けない方が良い男性

 ひげ脱毛を受けると、精神的なメリットや時間的・経済的なメリットなど、様々なメリットを手に入れることが出来ます。
 そんなひげ脱毛ですが、中にはひげ脱毛に向いていない人も存在します。



>ひげ脱毛に向いていない男性とは

ひげ脱毛に向いていない男性とは

 それでは、ひげ脱毛に向いていない男性とは、どのような男性のことを指すのでしょうか?
 具体的な例をいくつかご紹介していきます。

(1)職務において風格や威厳を持つことが必要な男性
 職務において風格や威厳を持つことが必要となる男性については、ひげ脱毛を行うのを控えた方が良いかもしれません。
 具体的には、政治家や企業の取締役などが該当します。
 また、相手に威圧感を与えるために、警察官や警備員の男性についてもヒゲを生やしておいておいた方が良い場合があるかもしれませんね。
 他にも、格闘家やプロレスラーなどについても、威圧感を出すためにヒゲを伸ばしている男性が多いと言えます。
 歴代の武将などの肖像画などを見ても、ひげを生やしている人が多いと思います。

アメリカへ留学や転勤をする予定がある男性

(2)アメリカへ留学や転勤をする予定がある男性
 近年では、日本人アスリートが海外で活躍するのも珍しいことでは無くなってきました。
 そして、イチロー選手や松坂選手など、日本ではひげを綺麗に剃っていた野球選手も渡米するとアゴひげを生やすようになったと思いませんか?
 なぜトップアスリート達が渡米するとひげを生やすようになるのでしょうか。
 それは、日本人は欧米人と比較すると童顔に見られてしまうため、少しでも年相応に見られるようにひげを生やすことが増えるのです。
 若く見られると、酒や煙草を売ってもらえなかったり、バーやカジノなどに入店できないといったトラブルが起きる可能性があります。
 そのため、今後アメリカへ留学や転勤をする予定がある男性は、ひげ脱毛を受けない方が良いでしょう。

中近東でビジネスをする男性

(3)中近東でビジネスをする男性
 実は、イスラム諸国では、ひげは男の象徴とみなされています。
 そして、ひげを生やしていない男性は軟弱やひ弱な印象を持たれてしまいます。
 そのため、ひげを生やしていない男性は信用されないため、ビジネスシーンにおいてマイナスの影響を与えてしまいます。
 そのような国では、日本とは反対に、ひげの増毛や植毛を行う医療技術が発達しています。
 以上のことから、中近東でビジネスをする男性は、ひげ脱毛を行うのを止めておいた方が良いでしょう。
 商社マンや原油・宝石のバイヤー、海外ジャーナリストなどの職業が該当します。

中近東でビジネスをする男性2

 以上が、ひげ脱毛を受けない方が良い男性となります。
 現在、広島にお住いの男性で、上記に該当するものがあればヒゲの脱毛をする前に少し考えた方が良いかもしれません。
 広島ひげ脱毛専門GENIE(ジーン)では、ひげをツルツルにするだけでなく、全体的に薄くすることや一部だけ残すデザイン脱毛にも対応しております。