GENIE

ひげ脱毛は広島の男性専門GENIEへ。青ひげについて

青ひげについて 動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明

青ヒゲについて

青ひげについて

青ヒゲについて

青髭は毎朝のヒゲ剃りに時間が掛かるだけではなく、職場やプライベートでも周囲の目が気になってしまい、多くの男性が無くせるものなら無くしたいと思っているのではないでしょうか。
 除毛クリームを使ってみたり、今まで色々な方法を試されて効果が無かった方もいらっしゃると思います。
 しかし、安心してください。青髭はメンズ脱毛によって解消することが出来ます。

青ヒゲの正体

1.青髭の正体

そもそも青髭とは何なのでしょうか?
 剃っても青髭は無くならないですよね。
 実は、髭(ひげ)というのは皮膚の表面から生えてくるものではありません。
 皮膚の下にある毛穴から生えてきます。

 そして、皆さんの皮膚は肌色に見えていますが、実は光を通すことが出来る構造となっています。
 懐中電灯をご自分の肌に当ててみると、血管などが透けて見えます。
 つまり、皆さんを悩ませている青髭の正体とは、剃り残しの髭(ひげ)ではなく、剃った後に皮膚の下にまだ残っている髭(ひげ)のことです。

 しかし、カミソリや電気シェーバーで剃ることが出来るのは皮膚の表面に出ている部分の髭(ひげ)だけです。
 ですので、皮膚の下に生えている髭(ひげ)を取り除くことは、そのような方法では不可能です。

 また、髭(ひげ)は体毛の中でも非常に濃い毛であり、0.1ミリ程度の太さにもなると言われています。
 さらに、毛の密度も濃く、毛穴深いため、約4~5ミリの深さまで生えています。
 よって、太い毛のために、薄い皮膚の下に残った伸びる前のヒゲが、青髭として見えてしまっているのです。

 青髭を無くしたいからといって、深剃りや毛抜きをしてしまうと、肌を傷つけてしまいますので無理な自己処理は絶対に止めてください。

青ヒゲの解消方法

2.青髭のの解消方法

それでは、青髭を解消するにはどうすれば良いのでしょうか?
 主な解消方法として以下の3つを紹介します。

(1)太く濃い髭(ひげ)を細くする
太く濃い髭(ひげ)を細くするために、抑毛クリームや脱毛ローションを使用するという方法です。
  これらを使用すると、段々と毛が細くなり見た目が薄くなっていきます。

  しかし、デメリットとして挙げられるのが、抑毛クリームの効果が出るまでの期間が非常に長く掛かってしまいます。個人差もありますが平均して半年から1年掛かると言われています。
  根気よく継続できる方でないと難しい方法です。
肌の色を濃くして目立たなくする

(2)肌の色を濃くして目立たなくする(日焼け)

青髭が目立つ原因の1つとして、髭(ひげ)の色の濃さと比べて、日本人の肌の色は相対的に白いと言う理由も挙げられます。
  白い色の中に黒い物があると目立ちますが、茶色の中に黒い物があると目立ち難くなりますよね?
  青髭についても原理は同じで、白い肌を黒く焼けば青髭はあまり目立たなくなります。
  黒人の方は青髭に悩んでいる人がいないのがその証拠です。

  肌の色を黒くするとなると、日焼けサロンに通うことが一番に頭に浮かぶと思いますが、屋外でスポーツなどをして健康的に焼けるだけでも十分目立たなくすることが出来ます。

  しかし、デメリットとして日焼けによりシミや肌荒れの原因になったり、1年中日焼けをしていなければならないため、難しいと感じる方も多いと思います。
  またこの方法は、肌が弱い男性や日に焼けるのが好きではない男性にはオススメできません。

青ヒゲをメンズ脱毛する

(3)青髭をメンズ脱毛する

 青髭を解消する最後の方法は、”メンズ脱毛をして髭を無くしてしまう”という方法です。
  メンズ脱毛をして髭(ひげ)自体が無くなれば、皮膚の下にある髭(ひげ)も見えなくなり、青髭に悩まされることはありません。
ですので、青髭に悩んでいる方で、根本的な解決を考えている人には一番確実な方法です。
また、顔の一部のみを脱毛する場合は、ホホの脱毛を行うと一番自然に、なおかつ青髭が目立ち難くすることができます。

  メンズ脱毛を行うことで、髭(ひげ)を無くしツルツルにするだけではなく、オシャレに髭(ひげ)を整えることも可能になり、減耗・除毛と言う形で髭(ひげ)を減らすことも出来ます。
  

 以上の3つが、青髭を解消するための具体的な方法です
 今後、青髭に悩まされる生活を続けたくないという方は、メンズ脱毛により髭(ひげ)を無くしてしまうことを考えてみてはいかがでしょうか。

ひげ脱毛情報関連ページ