GENIE

ひげ脱毛なら広島の男性専門GENIEへ
アトピー性皮膚炎とひげ脱毛について記載しております。

アトピー性皮膚炎とひげ脱毛 動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明

アトピー性皮膚炎とひげ脱毛


アトピー性皮膚炎とひげ脱毛

アトピー性皮膚炎とひげ脱毛
アトピー性皮膚炎の症状を持たれている方であっても、ヒゲに関する悩みをお持ちの男性はたくさんいらっしゃいます。
 最近では、アトピー性皮膚炎の治療法も進歩していますが、自分がアトピーの症状を持っていたとしても、ひげ脱毛を受けることが出来るのか心配になりますよね。

 結論を述べますと、アトピー性皮膚炎の症状を持たれている男性であったとしても、一部の制限はありますがひげ脱毛の施術を受けて頂くことは可能です。
 一部の制限をご説明しますと、施術部位(顔)にアトピーの症状が出ていないか、ステロイド系の薬を日常的に肌に塗ったり服用していないか、医師に脱毛を受けることを禁止されていないか、などの点が挙げられます。
 上記の制限に該当する男性は、ひげ脱毛を受けて頂くことが出来ません。
 自分がひげ脱毛を受けることが出来るのか分からない方は、施術を受ける前に医師に一度相談してみましょう。

アトピー性皮膚炎とひげ脱毛2

 ひげ脱毛の施術を受けることが出来る方であっても、脱毛方法の選択は重要となってきます。
 アトピー性皮膚炎の方は、一般の人より肌が敏感な場合が多いです。
 そのため、ひげ脱毛についても極力肌に対してダメージが少ない脱毛方法を選択する必要があります。
 一番オススメの脱毛方法としては、メンズ脱毛サロンで受けることができる、フラッシュ脱毛(光脱毛)と呼ばれる方法です。
 フラッシュ脱毛とは、毛に含まれているメラニン色素というものを利用し、特殊な光を照射して熱を与えることにより脱毛効果を出すというものです。
 フラッシュ脱毛で使用される光は、ある一定のレベルで抑えられているため、肌に対するダメージも少なくなります。
 医療レーザー脱毛についても、脱毛する仕組みはフラッシュ脱毛と同じですが、レーザーは強い光と強い熱を持っています。
 そのため、敏感肌の方でなかったとしても、毛嚢炎や軽い炎症といった肌トラブルが起きる可能性があります。
 アトピー性皮膚炎の症状をお持ちの方は、医療レーザー脱毛を受ける前には必ず医師に相談するようにしましょう。

アトピー性皮膚炎とひげ脱毛3

 また、ひげ脱毛の施術を受ける際には、出来るだけ肌へのダメージを抑えるために、施術後のアフターケアをきちんと行って頂く必要があります。
 フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛の施術を受ける時に、特に気を付けて頂くのは肌の乾燥です。
 もし肌が乾燥していると、施術後に赤みが出やすかったり、肌トラブルの原因にもなりますので、ご自宅でもこまめに保湿をして頂くのが大切です。
 そして、メンズ脱毛サロンやクリニックのアドバイスに従いながら、ひげ脱毛を行っていきましょう。

まとめ

まとめ
・アトピー性皮膚炎の方でも、制限はあるがヒゲ脱毛の施術を受けることが可能
・肌にダメージの少ない脱毛方法を選択することが重要
・ヒゲ脱毛の施術後には保湿をこまめに行うなど、自分でもアフターケアをする必要がある