GENIE

ひげ脱毛なら広島の男性専門GENIEへ。髭の剃り方の種類

髭の剃り方の種類 動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明

髭の剃り方の種類


1.髭の剃り方について

1.髭の剃り方について

 ほぼ全ての男性に髭は生えてきていますよね。
 そして、社会人になると生えてくる髭を伸ばしたまま放置しておくことは出来ないため、髭剃りを行わなければいけません。
 そして、一般的な髭の剃り方としては、”ドライシェービング”と”ウェットシェービング”という2つの方法が挙げられます。
 今回は、この2つの髭剃り方法のメリットやデメリットについご紹介していきます。

 髭剃りには、見えているヒゲを剃るだけでなく、肌表面の角質を取り除き顔をリフレッシュさせる効果もあります。
 正しい髭剃りを行っていないと、カミソリ負けなどで肌を傷つける原因にもなります。

2.ドライシェービングとは

2.ドライシェービングとは


 ドライシェービングとは、電気シェーバーを使って髭剃りを行うことを言います。
 皆さんの自己処理方法の中でも、最も多いのがドライシェービングとなります。

 ドライシェービングのメリットとしては、”時間の節約”が挙げられます。
 そして、最近の電気シェーバーは性能も上がっているため、髭を剃り残すこともほとんどありません。
 ドライシェービングのデメリットは、剃りにくい部分だと少し剃り残しが出てしまうことと、髭剃り後に爽快感がないということが挙げられます。
 また、電気シェーバーは、カミソリと比べると値段が高くなることが多いため、それもデメリットと言うことが出来ます。

3.ウェットシェービングとは

3.ウェットシェービングとは

 ウェットシェービングとは、髭を濡らした後カミソリなどで剃る方法のことです。

 ウェットシェービングのメリットとしては、
 ・髭の深剃りが可能
 ・スムーズに髭剃りを行える
 ・髭剃り後に爽快感がある
 などが挙げられます。
 ウェットシェービングは、深剃りが出来ますし、髭剃り後に爽快感を得ることが出来るため、本格的に髭剃りをしたい男性は、ウェットシェービングがオススメです。

 ウェットシェービングのデメリットとしては、

 ・時間と手間が掛かる
 ・カミソリ負けなどの肌トラブルを起こしやすい
 などが挙げられます。
 出勤前や通勤前の朝は、1分でさえ重要ですよね。
 そのため、髭剃りに長時間掛けたくない男性がほとんどのため、毎朝カミソリで剃るのは難しいと言えるでしょう。

4.正しいウェットシェービングの方法

4.正しいウェットシェービングの方法

(1)髭を蒸らす
 ウェットシェービングの第一手順は、蒸しタオルなどでヒゲを蒸らす(温める)ことです。
 ヒゲを温めることで毛質が柔らかくなり、髭が剃りやすくなります。

(2)カミソリで剃る
 次にカミソリでヒゲを剃りますが、コツとしてはカミソリを顔の上部から下に向けて剃ることです。
 ヒゲが生えている方向に沿ってカミソリを動かすことで、抵抗なく髭剃りが出来るようになります。

(3)スキンケア
 カミソリでヒゲを剃り終わったら、水で顔を綺麗に洗い流しましょう。
 その後に、化粧水を顔に満遍なく塗って保湿を行いましょう。
 保湿をキチンと行うことで、肌トラブルが起きるのを防止することが出来ます。