GENIE

ひげ脱毛なら広島の男性専門GENIEへ。髭(ヒゲ)の自己処理について

髭(ヒゲ)の自己処理について 動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明

髭(ヒゲ)の自己処理について

髭(ヒゲ)の自己処理について

髭(ヒゲ)の自己処理について

皆様、毎日色々な方法で髭(ヒゲ)の自己処理をされていると思います。
そして、髭剃りをしてカミソリ負けで肌が荒れてしまったり、乾燥肌になってしまった等の肌トラブルをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、色々なヒゲの自己処理方法の特徴についてご紹介します。

電気シェーバー

1.電気シェーバー

 電気シェーバーでは深剃りにするにも限界があるため、自己処理後もざらつきがあり、物足りなく感じている方もいらっしゃると思います。
 ですが、例えカミソリでヒゲを自己処理していたとしても、夕方にもなると電気シェーバーで自己処理をしたのと変わらない状態までヒゲは生えてきます。
 ですので、肌荒れや乾燥といった肌トラブルで悩まされないためにも、電気シェーバーでの自己処理を当サロンではオススメしています。

カミソリ

2.カミソリ

カミソリで自己処理をした場合、肌に密着して剃ることが出来るため、深剃りが可能なのがメリットですが、剃ったヒゲの切断面が太くなり、伸びてくるヒゲが濃く見えてしまいます。
 また、肌の表面を傷つけてしまうため、雑菌が入りやすく毛膿炎や炎症を引き起こす可能性もあります。
 そして、剃った際の刺激により、乾燥や肌荒れといった状態になりやすく、痒みや色素沈着の原因になることも考えられます。

毛抜き

3.毛抜き

毛抜きでは、無理にヒゲを引き抜くため、毛穴が開いてしまい炎症を起こす可能性があります。
そして、抜く際に痛みを伴い、抜き方によっては毛が途中で切れたりして埋没毛となる場合もあります。
 また、ヒゲを抜く時に皮膚も一緒に引っ張られるため、鳥肌状のブツブツになってしまったり、色素沈着をしてしまう可能性があります。
 毛周期が乱れることも考えられるため、毛抜きをされている方はすぐに止めていただきたい自己処理方法です。

除毛クリーム

  4.除毛クリーム

除毛クリームについては、肌に直接塗布するため、肌にダメージがあり、かぶれや肌荒れを引き起こす原因となります。
 また、肌表面にあるタンパク質や角質が一緒に溶かされてしまい、炎症やアレルギーを引き起こす可能性も考えられます。
肌の敏感な方や弱い方は特に避けた方が良い自己処理方法です。

ワックス

 5.ワックス

 ワックスによる自己処理では、無理やり皮膚からヒゲを剥がすため、強い刺激と痛みを感じます。
 そして肌へも強い負担がかかるため、内出血を起こすこともあります。
 また、腫れやかぶれ、色素沈着、埋没毛などあらゆる肌トラブルを引き起こす可能性が考えられます。

以上が、5つの髭(ヒゲ)の自己処理方法の特徴になります。

 自己処理方法の選択も大切ですが、同じようにヒゲを自己処理する時の衛生面にも気をつけてください。
 電気シェーバーやカミソリをお風呂場や洗面所に置いている方が多いと思いますが、湿気が多いため雑菌が繁殖し易い環境となります。
 雑菌が繁殖した状態の電気シェーバーやカミソリを使用してしまうことにより、ニキビや毛嚢炎ができてしまうこともあるため、自己処理を行う器具は清潔な状態を保つよう心掛けてください。

ひげ脱毛情報関連ページ