GENIE

ひげ脱毛なら広島の男性専門GENIEへ
家庭用脱毛機でひげは抜けるのか?

家庭用脱毛機でひげは抜けるのか?動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明

家庭用脱毛機でひげは抜けるのか?


家庭用脱毛機でヒゲは抜けるのか?

  皆さんは”家庭用脱毛器でもヒゲは抜けるのか?”と疑問に思ったことはありませんか?
最近では、家電量販店などで様々な家庭脱毛器が販売されており、一般の方でも容易に手に入れることが出来ます。

今回は、家庭用脱毛器で脱毛を行うことのメリットとデメリットについてご紹介します。

・家庭用脱毛器のメリット
 ①脱毛したい部位を自由に選択することが可能
 ②時間に余裕がある時にいつでも脱毛が可能
 ③他人の目を気にせず自宅で脱毛が出来る
 ④脱毛サロンやクリニックに通うより、低料金で始められる(5万円~10万円が相場)
 ⑤1台購入すれば、家族などと共有して使用が可能

以上が、家庭用脱毛器の主なメリットとして挙げられます。
“手軽に”、”内緒で”、”低料金”という部分が特徴といえます。

家庭用脱毛機でヒゲは抜けるのか?2

しかし、ここで注意して頂きたいのが、家庭用脱毛器を使用する男性はヒゲ脱毛や肌への知識をほとんど持たれていません。
ですので、誰が使っても安全に使用できるように、家庭用脱毛器の出力は非常に弱いものになっています。
また、脱毛サロンやクリニックの本格的な脱毛器と比較すると、小さなサイズのため使いやすいですが、脱毛効果も薄くなってしまうというのが現状です。
特に男性の濃く太いヒゲについては、脱毛効果がほとんど感じられない方もおられます。

家庭用脱毛機のデメリット

・家庭用脱毛器のデメリット
 ①脱毛器の出力が脱毛サロンやクリニックと比較して弱い
 ②チャージ時間が長く連続して打つことが出来ないため、広範囲であれば長時間掛かってしまう
 ③家庭用脱毛器を使用していくにはカートリッジ代などの維持費が発生する
 ④背中などの自分の手で届かない部位の施術が困難

以上が、家庭用脱毛器の主なデメリットです。
やはり一番のデメリットは、”男性のヒゲ脱毛については効果が薄い”ということではないでしょうか。
また、安価で脱毛を開始することが可能ですが、維持費を考慮すると意外と高額になってしまうこともあります。

まとめ

ここまで、家庭用脱毛器のメリットとデメリットを紹介しましたが、家庭用脱毛器は皆さんが誰でも使えるものでしかありません。
ですので、脱毛サロンやクリニックで使用している、業務用脱毛器と同等の効果を出すことは非常に難しいです。
また、家庭用脱毛器は自分で使用して脱毛するため、何かあったときは全て自己責任になります。
ヒゲが抜けることも大事なことですが、安全に脱毛するのも重要なことです。
以上のことから、特にヒゲ脱毛については、毛や肌の専門家である脱毛サロンやクリニックでの脱毛を受けることを推奨します。

まとめ
・家庭用脱毛器は気軽にいつでも脱毛出来る点がメリット
・脱毛器の維持費も考慮すると高額になることもある
・男性のヒゲ脱毛については効果が薄い
・肌トラブルが起きた時は自己責任