GENIE

ひげ脱毛なら広島の男性専門GENIEへ。ひげに対するレーザー脱毛の特徴について記載しております。

ひげに対するレーザー脱毛の特徴 動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明

ひげに対するレーザー脱毛の特徴


ひげに対するレーザー脱毛の特徴

ひげに対するレーザー脱毛の特徴

 最近では、ヒゲを脱毛するために様々な脱毛方法が存在します。
 その中でも、クリニックや病院で提供しているレーザー脱毛と呼ばれる脱毛方法についてご紹介します。
 レーザー脱毛の認知度は高いため、脱毛初心者の男性でも聞いたことがあるかもしれません。


レーザー脱毛ってどんな脱毛方法?

レーザー脱毛ってどんな脱毛方法?

 まず、レーザー脱毛とはどのような脱毛方法か説明します。
 レーザーとは、強い光と強い熱を収束させ、直進性を高めたものを言います。
 そして、皆さんの身体から生えてくるヒゲや体毛には、メラニン色素と呼ばれる黒色の素が含まれています。
 そのメラニンに反応する特殊なレーザー光を照射することで、黒い毛を通じて熱が伝わり、毛穴内部にある毛乳頭や毛母細胞を破壊します。
 根元にある毛細胞が破壊されたヒゲや体毛は、身体に老廃物と見なされ10日~2週間程経過すると自然に抜け落ちます。

レーザー脱毛でヒゲを脱毛するメリット

レーザー脱毛でヒゲを脱毛するメリット

1.施術回数と脱毛期間
 上で書いた通り、レーザー脱毛は毛を再生させる細胞をレーザー光で破壊するため、一回の施術で高い脱毛効果を出すことが可能です。
 そのため、体毛の中でも濃く太いヒゲであっても、約6~10回の施術回数で自己処理がほとんど必要ない状態にすることが出来ます。
 似たような仕組みのフラッシュ脱毛(光脱毛)の場合、レーザー脱毛と比べて照射する光の出力が抑えらているため、自己処理が必要ない状態にするには約10回~15回の施術回数が必要となることが多いです。

レーザー脱毛でヒゲを脱毛するメリット2

 ひげ脱毛の施術を受ける頻度は、レーザー脱毛の場合約1ヵ月~1ヵ月半に1回のペースとなるのが一般的です。
 フラッシュ脱毛の場合、2週間~1ヵ月に1回のペースとなるため、レーザー脱毛の方が間隔を空けて通うことが出来ます。
 ひげ脱毛が完了するまでの期間は、フラッシュ脱毛だと約1年半~2年程度掛かりますが、レーザー脱毛の場合約1年~1年半程度で完了ため、短期間でヒゲを無くすことが出来ます。

永久脱毛効果がる

2.永久脱毛効果がる
 レーザー脱毛の特徴として、”永久脱毛”効果があります。
 毛を再生させる細胞を破壊することは医療行為に該当するため、メンズ脱毛サロンのフラッシュ脱毛では行うことが出来ません。
 そのため、医師免許を所持しているクリニックや病院などでしか、永久脱毛と呼ばれる施術を受けることが出来ません。
 ここで注意して頂きたいのが、永久脱毛の意味は、”二度とヒゲや体毛が生えてこない”というものではないということです。
 永久脱毛の定義とは、”施術箇所から1ヵ月後に生えてくる毛が20%以下であれば、永久脱毛と呼ぶことが可能”というものです。
 このように、皆さんがイメージされている”永久脱毛”の意味と実際の定義は異なることをご認識ください。

永久脱毛効果がる2

3.肌トラブルへの対応
 仮に、レーザー脱毛で肌トラブルが起きてしまった場合でも、医師による診察を即時に受けることが可能なため、安心して施術を受けることが可能です。
 また、薬を処方することも出来るため、施術後に毛嚢炎や炎症を抑える軟膏などが与えられることもあります。

レーザー脱毛でヒゲを脱毛するデメリット

レーザー脱毛でヒゲを脱毛するデメリット

1.脱毛料金
 脱毛サロンで提供しているフラッシュ脱毛と比較すると、レーザー脱毛の料金は高額になることが多いです。
 1年間通い放題といったキャンペーンを実施しているクリニックもありますが、来店ペースに制限があったり、人気でなかなか次の予約が取れないといったこともあるため、事前によく調べて契約するようにしましょう。
 また、コース終了後にヒゲが生えてきた場合に、通常料金より安価で施術を受けることが出来る保証制度を設定しているクリニックも増えてきています。

レーザー脱毛でヒゲを脱毛するデメリット2

2.施術時の痛み
 クリニックで使用するレーザー脱毛器から照射されるレーザー光は出力レベルが高いため、施術の際に強い痛みを伴います。
 濃く太い毛が密集している顔(ヒゲ)やVIOラインは特に痛みを感じやすいため、痛みに耐えられずに通うのを断念される男性もたくさんいらっしゃいます。
 また、レーザー脱毛の痛みを緩和するために麻酔を使用することが出来ますが、別途料金が必要な場合が多いため、事前に料金を確認しておいた方が良いかもしれません。

レーザー脱毛でヒゲを脱毛するデメリット3

3.肌トラブル
 レーザー脱毛は、高い脱毛効果を発揮することが出来ますが、肌にも大きな負担を掛けてしまいます。
 施術終了後に、少しの間顔が赤く腫れ上がるお客様もおられます。
 さらに、施術翌日に毛嚢炎や炎症などの肌トラブルが起きることも多くあるため、敏感肌の方や肌が弱い方は、パッチテストで自分の肌に異常が出ないかを確かめてもらいましょう。
 肌トラブルになりやすい方やアトピー性皮膚炎をお持ちの方で、レーザー脱毛の施術を受けることが出来るのか分からない場合、事前に医師に相談するようにしてください。

 以上が、ひげに対するレーザー脱毛の特徴でした。
 メリット・デメリットをよく把握して頂き、自分に最適な脱毛方法を選択してください。