GENIE

ひげ脱毛なら広島の男性専門GENIEへ。ひげ脱毛の失敗例について記載しております。

ひげ脱毛の失敗例 動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明

ひげ脱毛の失敗例


ひげ脱毛の失敗例

ひげ脱毛をしようと決意して、脱毛サロンやクリニックに通って頂いたとしても、全てのお客様が満足をしてひげ脱毛を完了されるわけではありません。
 脱毛施術の途中で通うのを辞めてしまう方や、肌トラブルが起こり強制的に辞めないといけなくなった方、他には脱毛施術の効果に満足できなかった方がおられるのも事実です。

ひげ脱毛失敗の具体例

ひげ脱毛失敗の具体例
 それでは、具体的にひげ脱毛でどのような失敗があるのかを紹介します。
①痛み
 お客様がひげ脱毛を失敗した理由で1番多いのは、脱毛施術の際の痛みに耐えられないということです。
 大きく分けると、ひげ脱毛(メンズ脱毛)の方法は3種類存在し、痛みの少ない脱毛方法から順に挙げますと、フラッシュ脱毛(光脱毛)、ニードル脱毛、レーザー脱毛となります。
 もちろん個人差があるため、皆さんが同じように痛みを感じるかは別となります。
 しかし、レーザー脱毛とニードル脱毛については、強い痛みを感じる男性が多く、途中で通うのを諦められることも多くあります。
 お顔(ヒゲ)や陰部(VIO)については、特に痛みを感じやすい部位のため、それらの部位を脱毛しようとお考えの方は注意が必要かもしれません。

料金

②料金
 次に多い脱毛の失敗としては、脱毛料金に関することです。
 具体例としましては、初回カウンセリング時に分かりにくい説明をしておき、後から追加料金を色々と請求されるという仕組みです。
 また、脱毛施術を受けている時に、毎回他の高額なコースへの勧誘をしてきたり、お客様が不快に感じるという話も聞くことがあります。
 レーザー脱毛の場合、痛みを緩和させるために使用する麻酔については、別途費用が必要なクリニックも在りますので、カウンセリング時に確認しておくことをオススメします。

効果

③効果
 最後となりますが、ひげ脱毛の施術を受けたとしても、お客様が納得する仕上がりにならない場合も勿論あります。
 これは、個人差もあるため仕方がない部分もありますが、中には照射漏れといって、脱毛施術が正確に行われずムダ毛が残ってしまうような場合も考えられます。
 照射漏れがあった場合に、無料で対応してくれる脱毛サロンやクリニックであれば、仮にそのような事が起こったとしても、安心して脱毛に通うことが出来ます。

まとめ

まとめ
・顔(ヒゲ)や陰部(VIO)については、痛みを感じやすい部位のため脱毛方法の選択に注意が必要
・契約前に、料金がいくら掛かるのかを明確に説明してもらうことが重要
・効果の出方に個人差はあるが、照射漏れなどのトラブルについての対応を確認する