GENIE

ひげ脱毛なら広島の男性専門GENIEへ
髭(ヒゲ)の密度と強度について記載しております。

髭(ヒゲ)の密度と強度 動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明

髭(ヒゲ)の密度と強度


髭(ヒゲ)の密度と強度

皆さんが脱毛しようとしている、髭(ヒゲ)の密度と強度はどれぐらいなのか想像したことがありますか?
今回は、髭(ヒゲ)の密度と強度についてご紹介します

1.髭(ヒゲ)の密度
 実は、ヒゲは髪の毛や眉毛と同じぐらい、高い密度となっています。
 そして、ヒゲの密度は部位によっても異なりますが、平均して1平方センチメートル内に約100本~120本存在すると言われています。
 この本数を頭髪と比較してみると、頭頂部で約200本、前頭部で180本、後頭部で170本存在します。
よって、頭髪と比べるとヒゲの密度は少ないということになります。
そして、髪の毛全体の本数は約10万本、ひげは約2~3万本のため頭髪の20%程となります。

髭(ヒゲ)が体毛と比べて硬く感じるのはなぜ?

・髭(ヒゲ)が体毛と比べて硬く感じるのはなぜ?
 皆さんは、”ヒゲは体毛より硬い”と感じたことはないですか?
 実は、ヒゲは体毛と比べると若干硬い毛なのは確かですが、大きく変わりません。
 それでは、手で触った時にヒゲが硬いと感じる理由を答えますと、”毛の密度と長さ”によるものなんですね。
 上述しているように、ヒゲは高い密度を持っています。
そして、長さについては、大半の男性は毎朝ヒゲをお剃りになっていますので、短い場合が多いです。
ヒゲに限らず、剃った後の短い毛というものは硬く感じます。
髪の毛にしても、散髪をして短髪にした状態だと、触った時に硬いと感じますよね。

髭(ヒゲ)の強度

2.髭(ヒゲ)の強度
 ヒゲの強度についてですが、ヒゲの強度は真鍮と同じ程度の強度を持っているとさえ言われています。
毛根部分からの栄養の供給率が良いヒゲついては、それ以上の硬さを持っている可能性があります。
皆さんは、毎朝ヒゲ剃りをしている時に、肌から出血した経験はないですか?
真鍮は亜鉛と銅の合金ですので、強度は金属と変わりありません。
そのように硬いヒゲをカミソリで剃るとなると、肌へのダメージは相当なものだということが容易に想像できます。

脱毛をすることで髭(ヒゲ)は細くなる?

・脱毛をすることで髭(ヒゲ)は細くなる?
 ヒゲ脱毛をすることで、毛根周りのタンパク質を固めてしまうため、ヒゲに与える栄養を遮断することが出来ます。
その結果、ヒゲは十分な栄養を摂ることが出来なくなるため、段々と細くなっていきます。
そうなることにより、毎日のヒゲの自己処理が簡単になり、ヒゲ剃りによる肌へ与えるダメージも軽減されます。
よって、ヒゲ脱毛をすることによって、肌の表面の状態を改善に向かわせることが可能となります。

以上が、髭(ヒゲ)の密度と強度についてです。




まとめ

まとめ
・ヒゲの密度は頭髪の半分程度ですが、体全体と比較した場合、頭髪の次に濃い部位となります。
・ヒゲの強度は他の部位と比較すると、最も硬い毛を持つ部位となります。