GENIE

広島ヒゲ脱毛専門ジーン

モテる髭とモテない髭の違いを解説しています。広島で髭を無くすならヒゲ脱毛専門店GENIEをご利用ください。

モテる髭とモテない髭の違い 動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明

モテる髭とモテない髭の違い


脱毛効果は”永久”ではありません

モテる髭とモテない髭の違い
 男性の髭は、男性特有のオシャレの1つと言うことが出来ます。
 しかし、全ての女性がファッションとしての髭(ひげ)に好感を持つ訳ではありません。
 当然のことですが、男性には男性の好みのファッションがあるように、女性にも女性の好むファッションがあります。
 今回は、女性に好感を持たれる髭とそうでない髭についてご紹介します。

それでは”永久脱毛”とはウソなの?

女性にモテる髭とモテない髭の違いとは
 最近では、髭を生やしている芸能人や俳優、スポーツ選手なども増えてきており、髭をオシャレの1つとして考えるファッション雑誌なども多くなっています。
 ここで、注意したいのが”髭を生やしていれば誰でもモテる”ということではないです。
 髭を剃っていても生やしていても、モテない男性もいるのが事実です。

(1)日本では髭を生やす文化が無かった
 日本では、カミソリで髭を剃るようになった江戸時代以降は、髭を生やすこと自体が敬遠されてきました。
 明治時代以降は、政府の役人などが西洋風の髭を生やしていたことも、一般人に髭を生やす文化が根付かなかった原因だと言われています。
 そのような時代から、”髭=権威や権力の象徴”という固定観念が皆さんに植え付けられたため、ファッションやオシャレとしての髭に対するイメージが余り良くないものとなっています。

脱毛効果には毛周期の把握が必要
(2)髭を生やしていても剃っていても結果は同じ
 男性のファッションの根本的な問題として挙げられるのが、”格好良くてモテる人は髭を生やそうが生やすまいがモテる”ということです。
 単刀直入に言いますと、男性のファッションは”顔あってのもの”という考えが根底にあるのが事実です。
 ファッション雑誌に載っているモデルは、”顔の整ったイケメン男性”が多いのがそれを物語っています。

(3)格好良い髭とモテる髭は別物?
 ここまで説明してきたように、”女性にモテる髭=イケメンの生やしている髭”というのが現状としてあります。
 その事実に目を背けたまま、”髭を生やせばモテる”というのは説得力に欠けます。
 そのため、髭以外の部分でも自分磨きを行い、自分に自信を付けた上で髭を生やさないと意味がありません。
どんな髭が抜けるのか?

どんな髭がモテるのか?
 それでは、どんな髭を生やしていけば女性にモテるようになるのでしょうか。

(1)王道のあごヒゲ
 女性に一番人気なのは王道の”あごヒゲ”です。
 あごヒゲは、伸ばしていても自然な状態で見られるため、無理やり生やした感じもなく初心者の男性でもオシャレな形にしやすいと言えます。

(2)最近流行のマスタッシュ
 あごヒゲに続く人気を持つのが、最近の流行りの”マスタッシュ”と呼ばれる口ひげです。
 俳優やスポーツ選手もよくしている形の髭であり、あごヒゲと組み合わせたデザインの人気が特に高いです。
 マスタッシュは、伸ばしやすい形のヒゲですが、整える手間が掛かるヒゲでもあるため、だらしなく伸ばしているとマイナスに捉えられます。

(3)人気がない頬ヒゲ
 無精髭と並んで”モテない髭”とされているのは、モミアゲと繋げるように生やした頬ヒゲです。
 頬ヒゲは”モミアゲとして伸ばす”ことがほとんどのため、お手入れをしていない男性が非常に多いです。
 そのため、モミアゲを伸ばす流行が去った現代では、頬ヒゲはモテない髭の代表格となっています。

まとめ

モテない髭の共通点
 ここまで書いてきて、実はモテない髭には共通点があります。
 最も重要なことは、”清潔感”です。
 お手入れをすることなく、伸ばしっぱなしにしている髭は、どんなに形を整えていても無精ひげと変わりがありません。
 その次に挙げられる共通点は、”顔全体の雰囲気を壊す髭”です。
 男性の中には、髭を生やしていない方が似合う顔立ちの方もおられます。
 無理に髭を生やしても、顔に似合わなければ意味がありません。

最後に
 モテる髭とモテない髭を考える前提として、”自分の顔の形にあった髭を生やす”ということがあります。
 自分の顔の形を見極めた上で、それに似合う髭を生やす必要があります。
 それが自分に自信を持つことができ、女性からモテる髭を作る最初の一歩になります。