GENIE

ひげ脱毛なら広島の男性専門GENIEへ
髭が原因のトラブルについて記載しております。

髭が原因のトラブル 動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明

髭が原因のトラブル


髭が原因のトラブル

 現代社会では、”髭を伸ばさない”ことが前提となっている場面が多いため、ひげを伸ばしている人にとっては不自由なことがたくさんあります。
 今回は、ひげを伸ばす上でのトラブルについていくつかご紹介します。

1.公の場面での髭トラブル
 上記のように、現代社会は”髭を伸ばさない”ことを前提としていることが多いです。
 これを言い換えると、”髭を伸ばすことが不都合になる”というように社会や環境が変化してきたということです。
 それでは、具体的にどのような場面でひげが原因のトラブルが起きるのでしょうか。。

髭が原因のトラブル2

(1)冠婚葬祭での髭によるトラブル
 日本では礼儀作法が重要視されるため、冠婚葬祭などの場面においては、ヒゲを伸ばしているだけでも色眼鏡で見られたり、陰口を言われたりなど人間関係のトラブルが起きることがあります。
 そのような祭礼の場では、”髭が権威の象徴”という考えをお持ちの方も来られるため、若者がひげを生やしていると偏見の目で見られたり、関係のない誤解を生むこともあります。

(2)面接での髭によるトラブル
 ”若者は髭を伸ばすべきではない”という考え方は、受験や就職の際の面接の場面でも影響してきます。
 ひげを伸ばしているという理由だけで、”清潔感がなく自己管理が出来ない人”や”目上の人間に対する礼儀を分かっていない”と見なされてしまい、受け答えがきちんと出来ていたとしても、不合格や不採用といった結果を出されることがあります

髭が原因のトラブル3

2.プライベートにおける髭トラブル
 公の場だけでなく、プライベートでも髭が原因のトラブルは存在します。

(1)食事の場での髭によるトラブル
 ひげを伸ばしていると、食事の場面でもトラブルが発生します。
 髭があることによる食べにくさだけでなく、料理を食べた後にも色々な問題が出てきます。
 例えば、ひげに食べこぼした物が付着してしまったり、ひげにスープが付くことで火傷や服に垂らしてしまうことが考えられます。
 食事は毎日数回行いますので、その都度ひげが原因のトラブルが起きるリスクがあります。

髭が原因のトラブル4

(2)季節毎の髭によるトラブル
 実は、ひげを伸ばすことで最も辛いのは、社会生活の中で起きるトラブルではなく、季節毎によるトラブルです。
 暑い夏場では、汗が髭に付着して皮膚が乾きにくくなるため、体感温度が上がってしまうことがあります。
 また、ひげを伸ばしていると手で顔を触った時や、肩などに顔を当てた時に不快感を感じてしまいます。
 冬場では、髭に付着した水分が冷えることで体感温度が下がってしまいますし、時には凍ってしまうこともあります。
 イヌイットなど、寒い地域に住んでいる人が髭を伸ばさないのは、そのような理由があるためです。

 以上が、髭が原因のトラブルの一例になります。

髭が原因のトラブル5


まとめ
・現代社会や生活環境では、”髭を伸ばさない”ことが前提となっていることが多い
・冠婚葬祭や面接の場面など、公の場で髭を伸ばしていることは不利になることがある
・プライベートでも、食事の際や季節毎に髭によるトラブルが起きることもある