GENIE

陰部のメンズ脱毛が出来ない方についてその理由をご紹介します。陰部脱毛を広島でお考えの男性はGENIEお越しください。

陰部のメンズ脱毛が出来ない方


陰部のメンズ脱毛が出来ない方

陰部のメンズ脱毛が出来ない方

 陰部(VIO)をメンズ脱毛には色々なメリットが存在します。
 陰部特有の臭いや蒸れも解消されますし、トイレに行った時に汚れが付きにくくもなります。
 そんなメリットの多い陰部脱毛ですが、場合によっては脱毛サロンやクリニックで施術を受けてもらえないことがあります。
 脱毛方法によって、陰部脱毛を受けられない条件が異なりますので、分けてご説明していきます。



フラッシュ脱毛やレーザー脱毛を受けられない方

1.フラッシュ脱毛やレーザー脱毛を受けられない方

(1)白髪の陰毛が生えている
 フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、毛に含まれているメラニン色素と呼ばれる黒色に反応する特殊な光を照射して、脱毛効果を出していきます。
 そのため、陰毛が白い毛の場合には脱毛効果を出すことが出来ません。
 もし、陰毛を黒色に染めていたとしても、毛根まで染めることは出来ないため脱毛効果は出せません。
 高齢になるにつれ陰毛に白髪が増えてくるため、陰部脱毛をお考えの男性はその前に脱毛を完了しておきましょう。
 白髪の陰毛は、ニードル脱毛(針脱毛)で脱毛することが可能ですが、料金が高額になってしまいますし、強烈な痛みが伴いますので注意してください。

日焼けしている

(2)日焼けしている
 陰部を日焼けしていることは少ないかもしれませんが、日焼けをして肌が黒い状態だと脱毛を受けて頂くことが出来ません。
 脱毛機から照射された光が肌にも反応してしまい、火傷をしてしまう可能性があるためです。
 陰部脱毛をお考えの男性は、陰部の日焼けをしないようにしましょう。
(3)剃毛をしていない
 剃毛をしていない状態で来店されると、その日の施術を断られることがあります。
 毛が長い状態で光を照射すると、光や熱が過剰に毛に反応してしまい脱毛効果が薄れてしまいますし、火傷などの肌トラブルを引き起こす原因にもなります。
 陰部の毛を剃毛するのは難しいですが、時間に余裕がある時に慎重に剃るようにしましょう。

脱毛箇所に傷や吹き出物がある

(4)脱毛箇所に傷や吹き出物がある
 陰部に傷や吹き出物がある場合、症状を悪化させる恐れがあるため、施術を受けることが出来ない場合があります。
 基本的に傷や吹き出物が完治するまで施術を受けることが出来ません。
 剃毛する際には、傷が付かないように気をつけてください。

ワックス脱毛を受けられない方

2.ワックス脱毛を受けられない方

(1)毛が短すぎる
 ワックス脱毛は、ワックスを毛に絡ませた状態で固まらせ、一気に引き抜いていく脱毛方法です。
 そのため、毛が短すぎるとワックスにしっかりと絡まないため、脱毛をすることが出来ません。
 陰部をワックス脱毛したい男性は、最低でも5ミリ程度は伸ばしてから来店するようにしましょう。
(2)脱毛箇所に傷や吹き出物がある
 ワックス脱毛は、毛を一気に引き抜いていくため肌へのダメージが大きい脱毛方法です。
 そのため、陰部に傷や吹き出物がある場合、症状を悪化させる恐れがあるため、脱毛施術を受けることが出来ません。

全ての脱毛方法が受けられない方

3.全ての脱毛方法が受けられない方

 全ての脱毛方法で陰部脱毛が受けられない方は、以下の場合となります。
(1)脱毛目的以外での利用
 脱毛することが主たる目的ではなく、露出目的やセクハラ目的で利用している男性は、どんな脱毛方法でも施術を断られます。
 基本的に、陰部脱毛の施術については男性スタッフが行うことが多いため、脱毛目的以外で利用することは考えないようにしましょう。
 以上が、陰部のメンズ脱毛が出来ない方となります。
 男性の陰部(VIO)脱毛に対応している脱毛サロンやクリニックは、まだまだ少ないのが現状です。
 脱毛方法によって脱毛が受けれらない事項も違いますので、陰部脱毛をお考えの男性は参考にしてください。

 広島メンズ脱毛専門GENIEでは、陰部脱毛も承っております。
 VIO以外にも、施術が難しいとされる竿(陰茎)や玉袋(陰嚢部)のメンズ脱毛も可能ですので、広島で陰部の毛にお悩みの男性は、お気軽にご相談ください。
 無料カウンセリングでお悩みを聞いた上で、お客様一人一人に合った脱毛プランを提案させていただきます。