GENIE

刺青やタトゥーに関するメンズ脱毛情報を掲載しています。GENIEは広島のメンズ脱毛専門店です。

刺青やタトゥー部分のメンズ脱毛


刺青やタトゥーがあるとメンズ脱毛できない?

1.刺青やタトゥーがあるとメンズ脱毛できない?

 最近では、ファッションの一環として、男女問わず幅広い人達が体にタトゥーを入れています。
 そんなタトゥーや刺青を入れている方々にも、当然体毛は生えてきます。
 そのため、ムダ毛を綺麗に脱毛して更にファッションを楽しみたい、という方も少なくありません。
 しかし、「刺青やタトゥーがあると脱毛できない」という噂を聞いたことがある方もいると思います。
 今回は、その噂の真偽やメンズ脱毛するための方法などをご紹介していきます。
 広島で、刺青やタトゥーを入れている男性で、メンズ脱毛をしたいと考えている方は一読ください。



脱毛方法で可否は分かれる

2.脱毛方法で可否は分かれる

 それでは、刺青やタトゥーがあるとメンズ脱毛できないという噂の真偽からお伝えします。
 答えとしては、半分本当で半分は間違っています。
 どういうことか説明すると、脱毛方法によっては刺青やタトゥーのある部分に脱毛施術はできないものがあるということです。
 具体的な脱毛方法で区別すると、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では施術不可、ニードル脱毛では施術可能となります。

メンズ脱毛の施術ができない理由

3.メンズ脱毛の施術ができない理由

 次に、脱毛サロンのフラッシュ脱毛やクリニックのレーザー脱毛では、何故メンズ脱毛の施術ができないのか説明していきます。

(1)火傷のリスクがある
 一番大きな問題として、火傷のリスクが増大することが挙げられます。
 脱毛機から照射される光は、皆さんの体毛に反応するものと想像しているかもしれませんが、それは間違っています。
 実は、黒色の毛に含まれている「メラニン色素」と呼ばれるものに反応して、高熱が発生しています。
 そのため、ムダ毛ではない色の濃い部分(ホクロやシミ・日焼けなど)にも過剰に反応してしまいます。
 刺青やタトゥーが発している色は、メラニン色素とは少しことなるものですが、脱毛機はメラニン色素との区別が付かず、レーザーやフラッシュが過剰に反応してしまうのです。
 肌にレーザーやフラッシュが過剰に反応してしまった場合、炎症を起こしたり火傷になってしまう可能性があります。

薄くなったり消えたりする

(2)薄くなったり消えたりする
 もう1つの理由として、施術によって刺青(タトゥー)が薄くなったり消えたりすることがあります。
 刺青やタトゥーの色に含まれている成分は、熱や光で変質するものがあります。
 そのため、レーザーやフラッシュで熱が与えられると、薄くなったり消えたりする可能性があります。
 刺青やタトゥーの色付けで使用するものには、明確な定めが存在しないため、薄くなったり消えたりするのかは事前に判断できません。

それでもメンズ脱毛したい場合

4.それでもメンズ脱毛したい場合

 刺青やタトゥーが入っている部分に、脱毛施術をするリスクをお伝えしてきましたが、それでもメンズ脱毛したい男性もいらっしゃいますよね。
 上でも書いたように、「ニードル脱毛(電気針脱毛)」であれば、刺青やタトゥーが入っている部分でも施術をすることが可能です。
 ニードル脱毛は、毛穴に電気針を刺し込み、毛根部分に直接ダメージを与えて脱毛していきます。
 そのため、肌の色や刺青(タトゥー)の有無に関わらず、脱毛をすることが出来ます。
 しかし、ニードル脱毛は、他の脱毛方法よりも痛みや肌へのダメージが大きく、料金も高額になってしまうというデメリットも存在します。

まとめ

まとめ

 以上が、刺青やタトゥーが入っている部分をメンズ脱毛する方法です。
 フラッシュ脱毛やレーザー脱毛でも、お店によっては刺青やタトゥー部分のギリギリまで施術してくれます。
 最初に、それ以外の部分をフラッシュ脱毛などで綺麗に脱毛し、その後ニードル脱毛で刺青が入っている部分を綺麗にするのがオススメです。
 
 当店は、広島で数少ないメンズ脱毛を専門とする脱毛店となっております。
 光源を利用する脱毛方法を採用しているため、当店では刺青やタトゥー部分の脱毛は出来ません。
 安全な範囲で、タトゥー部分周辺までは施術させて頂きますので、気になる方はお気軽にご相談ください。