GENIE

GENIEは広島のメンズ(男性)脱毛専門です。
メンズ脱毛のクーリングオフ

メンズ脱毛のクーリングオフ


メンズ脱毛のクーリングオフについて

メンズ脱毛のクーリングオフについて

 メンズ脱毛の契約をしたが、色々な事情があって契約を解除したいという男性もいると思います。
 メンズ脱毛サロンでの契約でもクーリングオフが出来るのか不安な方や、やり方が分からないという方のために、メンズ脱毛の契約を電話やハガキでクーリングオフする方法についてご紹介します。



そもそもクーリングオフとは?

そもそもクーリングオフとは?

 ”クーリングオフ”という言葉はよく耳にすると思いますが、どういった意味なのでしょうか?
 クーリングオフというのは、簡単に説明すると、消費者が物やサービスを購入・契約した後でも、一定期間内であれば、その購入や契約を無効にすることが出来る制度となります。
 クーリングオフは、法律で定められている権利です。
 しかし、そんなクーリングオフでも、全ての事について無効にすることは不可能なため、いくつかの制約があります。
 メンズ脱毛サロンの契約においても、クーリングオフの対象になる場合とならない場合がありますので、そちらをご説明していきます。

そもそもクーリングオフとは?2

メンズ脱毛サロンでクーリングオフできる場合とそうでない場合
 メンズ脱毛サロンなどにおいて締結した契約では、契約期間が1カ月以上(契約書を受け取った日から起算して契約終了までの期間)で、なおかつ契約料金が5万円を超える場合のみクーリングオフ制度の適用が可能です。
 これは、”契約特定継続的役務提供”というクーリングオフを適用できる場合の制約の1つとなります。
 そして、いつでもクーリングオフが可能という訳ではなく、契約書を受領した日から8日間以内という制約も存在します。
 例を挙げますと、契約期間が1ヵ月以内であったり、料金が5万円以下の場合、または2つの条件をクリアしていても契約書を受領してから9日目以降ではクーリングオフ制度の適用は出来ないため、注意してください。
 例外としまして、契約書を受領しなかった場合で、契約期間と料金の条件を満たしている時には8日間以内でなくてもクーリングオフを申請可能です。
 いざ、脱毛サロンでクーリングオフを申請した場合、”クーリングオフは出来ない”、”違約金が発生します”などといったことを言われることが多いですが、上記の条件を全て満たしていればクーリングオフの申請は出来ますので、覚えておいて損はないでしょう。

クーリングオフの申請方法

クーリングオフの申請方法

 クーリングオフを行うためには、定められた書類を用意し通告する必要があります。
 クーリングオフは法律で定められた権利であるため、それを行使するためには法律に則った方法で行う必要があるためです。
 実は、電話でクーリングオフを申請するのは、正確にはクーリングオフに該当しません。
 それは、クーリングオフを申請した証拠がないためです。
 電話でクーリングオフを申請した場合、脱毛サロンによっては応じてくれることもありますが、それはクーリングオフではなく、脱毛サロンの誠意ということになります。

ハガキでクーリングオフを申請するには

ハガキでクーリングオフを申請するには

 それでは、メンズ脱毛の契約をハガキでクーリングオフする方法をお伝えします。
 初めに、ハガキか書面を用意し、以下のことを記入してください。

 書面の最上段にタイトルとして”通知書”と記入し、その下に、”以下の契約を解除することを通知します。”とご記入ください。
 その下に、①契約年月日、②商品やサービス名、③契約料金(費用)、④会社名や店舗名、⑤クレジットカードによる支払いの場合は、カード会社名を一段落毎に分けて記入します。
 そして、その下に”契約代金 〇〇円を返金して下さい。”という一文を記入します。
 最後に、ハガキや書面の送付日付と自分の氏名を段落毎に記入して、完成となります。

 続いて、作成した書面のコピーを取りましょう。
 コピーは大切に保管し、原本を特定記録郵便や書留郵便など確実に届いたことが分かる方法で、相手先の脱毛サロンや会社に送付します。
 クレジットカードで支払いをした場合、クレジットカード会社にも通知書を送付するようにしてください。
 送付した際に貰える受領書は書面のコピーと合わせて大切に保管しておいてください。
 これで、クーリングオフを申請する手順は全て完了です。
 全ての条件に該当し、正式な書面でクーリングオフを申請した場合、相手側の脱毛サロンは必ずクーリングオフに応じる必要があります。
 もしクーリングオフに応じない場合、”特定商取引法違犯”に該当するため、弁護士などに相談し裁判を行うことをオススメします。

クーリングオフを知っておくだけでも安心

クーリングオフを知っておくだけでも安心

 ここまで、メンズ脱毛の契約をクーリングオフする方法について説明してきました。
 クーリングオフ制度は、難しい法律用語が出てきますし、申請するのが面倒だから諦める方も多くおられるのが事実です。
 しかし、きちんとした知識を持っていれば泣き寝入りをする必要もありませんし、何かあってもクーリングオフを申請できるという安心が生まれます。
 消費者の方が、正しい権利を主張することで、メンズ脱毛業界の悪徳な脱毛サロンが減少し、業界全体の向上に繋がります。