GENIE

GENIEは広島のメンズ(男性)脱毛専門です。メンズ脱毛を受けられない皮膚疾患について記載しております。


メンズ脱毛を受けられない皮膚疾患

メンズ脱毛を受けることが出来ない皮膚疾患

メンズ脱毛しようとGENIE(ジーン)にご来店して頂いたお客様の中でも、脱毛施術を受けることが出来ない方がおられます。
 今回は、メンズ脱毛の施術を受けられない皮膚疾患についてご紹介します。
メンズ脱毛を受けることが出来ない皮膚疾患

(1)皮膚癌、悪性黒色腫(メラノーマ)
 皮膚癌は、盛り上がった「できもの」や「湿疹や水虫に似た症状」で現れることが多い皮膚病です。
 そして、皮膚癌には基底細胞癌など様々な種類のものが存在します。
 悪性黒色腫(メラノーマ)とは、皮膚・眼窩内組織・口腔粘膜上皮などに発生する、メラノサイトが由来の悪性腫瘍のことです。

メンズ脱毛を受けることが出来ない皮膚疾患2

(2)ヘルペス
 ヘルペスとは、”ヘルペスウイルス”による感染症であり、単純疱疹と帯状疱疹の2種類があります。
 症状としては、皮膚に小さな水膨れの集まりが出来ます。
 ヘルペスウイルスは8種類あると言われ、いずれも皮膚・粘膜を通じて感染します。

(3)イボ
 イボは、「ヒトパピローマウイルス」と呼ばれるウイルスが、小さな傷口から皮膚に入り込み、基底細胞に感染してイボとなって表れます。
 ほとんどが放っておいても自然治癒する良性のイボですが、光照射で皮膚に与えると、新生したり数が増える可能性があります。

メンズ脱毛を受けることが出来ない皮膚疾患3

(4)タムシ、白癬
 白癬菌と呼ばれるカビの一種が皮膚に寄生し、繁殖することで引き起こされる感染症です。
 身体に発症した場合はタムシ、足に発症した場合は水虫と呼びます。
 他に爪、頭部、隠股部、手背などの部分でも発症することがあります。
(5)とびひ
 とびひの正式な病名は「伝染性膿痂疹」と言い、黄色ブドウ球菌という細菌が皮膚の浅い部分に感染して引き起こされる病気です。
 とびひは、患部を掻いた手や衣類を介して、他の部位に次々と広がっていきます。
 患部から出た滲出液が他の部位に付着したり、他の人についたりして発症します。
 主に子供が掛かりやすい病気です。

メンズ脱毛を受けることが出来ない皮膚疾患4

(6)せつ(おでき)
 せつとは、黄色ブドウ球菌が毛包・脂腺に感染して増殖し、周囲の皮膚組織に炎症を起こし化膿したものを言います。
 顔に出来たものを面疔(めんちょう)と呼びます。
 局所は熱を持ち、赤く腫れて強い痛みを伴います。

 以上が、GENIE(ジーン)で脱毛施術が出来ない皮膚疾患となります。
 上記に紹介していない症状だとしても、メンズ脱毛を行いたい箇所に皮膚の異常がある場合には、医師に相談してから施術を受けて頂きます。

メンズ脱毛情報関連ページ