GENIE

GENIEは広島のメンズ(男性)脱毛専門です。蕁麻疹でもメンズ脱毛OK?

蕁麻疹でもメンズ脱毛OK?


蕁麻疹とは?

蕁麻疹とは?

 そもそも、蕁麻疹とはどんな病気なのでしょうか。
 蕁麻疹とは、皮膚の一部分に赤みを伴う皮膚の盛り上がり”膨疹(ぼうしん)”と呼ばれるものができ、しばらくすると自然に治まる病気です。
 蕁麻疹は激しい痒みを伴うため、ストレスを感じたり、皮膚を掻き毟ってしまうこともあります。



蕁麻疹の人は毛の処理に注意が必要

蕁麻疹の人は毛の処理に注意が必要

  蕁麻疹が出やすい人でも、脱毛方法を選べばメンズ脱毛を受けることが出来る場合があります。
 蕁麻疹の出来る原因の1つに、皮膚に受ける刺激に反応していまい蕁麻疹が出てしまうという皮膚アレルギーのようなことが挙げられます。
 そのため、出来るだけ肌に刺激の少ない脱毛方法を選択する必要があります。
 カミソリで髭や体毛を処理したり毛抜きで抜いたりするのは、肌に強い刺激を与えてしまうため、蕁麻疹が出やすい体質の男性はそのような自己処理を止めてください。
 敏感な肌に強い刺激を与えることで、蕁麻疹が出てしまう危険性が高くなります。
 メンズ脱毛の中で最も肌への刺激が少ない脱毛方法は、脱毛サロンが提供しているフラッシュ脱毛(光脱毛)とよばれる方法です。
 フラッシュ脱毛で照射する光は、メラニンという黒いものにだけ反応するため、肌には直接的な刺激を与えません。
 蕁麻疹が出やすい人でメンズ脱毛を受けたい場合には、一度脱毛サロンに相談してみるのが良いかもしれません。

メンズ脱毛がきっかけで蕁麻疹になることがある?

メンズ脱毛がきっかけで蕁麻疹になることがある?

 脱毛施術を行うと、どのような方法を選んだとしても多少なりとも肌へ刺激が与えられます。
 そのためそれがきっかけとなって蕁麻疹が発症してしまう可能性もあります。
 しかし、蕁麻疹が発症する一番のきっかけとなるのは、カミソリや毛抜きでの自己処理であるため、自己処理を続けるよりメンズ脱毛を受けた方が発症する危険性を低くすることが出来ます。
 ムダ毛の自己処理は、蕁麻疹が発症する確率を上げるだけでなく、あらゆる肌トラブルの原因となってしまうため、敏感肌の人は特に注意する必要があります。
 肌への安全性という面で考えても、メンズ脱毛サロンやクリニックで施術を受ける場合であれば、肌に少しでも異常を感じた時に医師やスタッフが的確な判断と対処をしてくれるため、大きな肌トラブルになる可能性は低いと言えます。

施術後に蕁麻疹が発症した場合

施術後に蕁麻疹が発症した場合

 肌への刺激が少ない脱毛方法で施術を受けたとしても、人によっては蕁麻疹が発症してしまうことがあります。
 蕁麻疹が発症した場合には、メンズ脱毛の施術に通うことを一旦止めて頂き、施術をしてもらっている脱毛サロンやクリニックにすぐ相談してください。
 しかし、皮膚が腫れ赤みや痒みの症状が強く出ている場合には、すぐに皮膚科へ行き診察してもらうようにしてください。
 また、すぐに皮膚科へ行けない時には、保冷剤などで腫れている部分を冷やすことにより痒みを緩和することが出来ます。
 その際に、保冷剤などを直接肌に当ててしまうと、寒冷蕁麻疹と呼ばれる皮膚に冷たい刺激を与えることで発症する蕁麻疹が出てしまう危険があるため、タオルなどで巻いてから皮膚に当てるようにしてください。

まとめ

まとめ

  ・蕁麻疹は皮膚へ強い刺激が与えられることが原因で発症することがある
 ・敏感肌で蕁麻疹が出やすい人は、肌への刺激が少ないフラッシュ脱毛がオススメ
 ・蕁麻疹が発症した場合には、直ちに脱毛を中断し脱毛サロンや皮膚科へ相談する


メンズ脱毛情報関連ページ