GENIE

GENIEは広島のメンズ(男性)脱毛専門です。
海外の脱毛事情について記載しております。

海外の脱毛事情


外国でも脱毛をしている?

外国でも脱毛をしている?
 脱毛といえば、一昔前までは女性特有の話題であり、男性はほとんど意識することがありませんでした。
 しかし、現代では男性の美意識も高くなってきているため、男性でも脱毛に対する意識を持つようになってきています。
 そして、男性専門の脱毛サロンも徐々に増えてきており、男性でも自身のムダ毛処理を考える人が多くなっています。
 日本では、まだメンズ脱毛が流行りだして間もないですが、海外ではメンズ脱毛は随分前から当たり前となっています。
 それでは、海外の脱毛事情について主要国に分けてご紹介します。
 

アメリカ

1.アメリカ
 アメリカ人は、陰部(VIO)や脇の脱毛をしている方が多いと言われています。
 脱毛方法としては、ニードル脱毛やワックス脱毛が主流となっています。
 日本ではニードル脱毛の料金は高額になりがちですが、アメリカは日本より低額で受けることが出来るため人気があります。
 日本の脱毛事情と最も違う点は、アメリカでは陰部(VIO)をツルツルに保っておくのがエチケットとされています。

ヨーロッパ

2.ヨーロッパ
 ヨーロッパは体毛を気にして脱毛をする人と、気にしないで放置している人に分かれるそうです。
 その理由として、肌の色と体毛の色が似ていることが多いため、体毛を放置しても目立ちにくいので気にしない人が多いです。
 脱毛する部位だと、陰部(VIO)の毛の脱毛にこだわりを持たれている人が多く、デリケートゾーンを清潔に保つ文化があります。
 その反面、脇や手足などの体毛を気にする人は少ないようで、女性でもワキ毛を生やしていることもあるそうです。

南米

3.南米
 ブラジル・コロンビア・チリなどは、ブラジリアンワックスと名が付いているようにワックス脱毛が主流となっています。
 そして、南米の人々はムダ毛を気にしてきちんと処理される方が多いと言えます。
 VIOの毛を綺麗に処理して、露出の高い服を着こなす人が多い地域となります。
4.中東
 中東のイスラム圏では、男女ともにムダ毛の処理を行っている人が多いです。
 その理由は、イスラム教が体毛の処理を行うように定めていると言われています。
 また、中東は気温が高く乾燥する地域のため毛ジラミが発生しやすいです。
 そのため、毛ジラミにならないように毛を処理するのも脱毛する理由の1つです。

中国

5.中国
 意外にも、中国ではムダ毛の処理や脱毛という文化がほとんどありません。
 ムダ毛処理や脱毛によって肌にダメージを与えるよりも、美肌のために毛を放置していた方が良いという考えを持たれることもあるようです。
 そのため、脱毛サロンなどもほとんど存在しないと言われています。
6.韓国
 韓国の人々は、ムダ毛処理に対する意識が日本と似ています。
 そのため、女性達は自己処理や脱毛サロンなどで、きちんとムダ毛のお手入れをしています。
 しかし、陰部(VIO)についてはそこまで脱毛する文化が発達していないため、その点も日本に似ていると言うことが出来ます。
 以上が、海外の主要な国における脱毛事情です。
 日本と似ている脱毛文化を持っている国もあれば、ムダ毛を気にしない国もあるなど、各国で脱毛に対する考え方が異なるのは面白いですね。


メンズ脱毛情報関連ページ