GENIE

ヒゲを毛抜きすると濃くなるのかまとめました。広島のGENIEならヒゲにも高い脱毛効果を発揮します。

ヒゲは抜くと濃くなるって本当?


ヒゲは抜くと濃くなる?

1.ヒゲは抜くと濃くなる?

 男性であれば、一度は「ヒゲは抜くと濃くなる」という噂を聞いたことがあると思います。
 根拠は分からないけど、都市伝説のように皆さんが知っている噂ですよね。
 実は、ヒゲを抜くと濃くなるというのは、あながち間違った内容ではありません。
 今回は、ヒゲを抜くと濃くなる理由についてご紹介していきます。
 広島でヒゲの毛抜きを癖で行っている男性は、是非とも一読ください。

ヒゲを抜くと濃くなる理由

2.ヒゲを抜くと濃くなる理由

 皆さん一度は自分のヒゲを抜いたことがあると思いますが、ヒゲというのは一度抜いただけで生えてこなくなるものではありません。
 指や毛抜きなどでヒゲを抜いたとしても、数日後には再びヒゲは生えてきます。
 そして、再び生えてきたヒゲが、今までのヒゲより太く濃くなっていることがあります。

ヒゲを抜くと濃くなる理由2
 それでは、肝心の「ヒゲを抜くと濃くなる理由」について説明していきます。
 皆さんの顔に生えているヒゲというものは、外的要因から顔を保護するために生えています。
 そのため、無理やり毛抜きをされたヒゲは、顔を保護するためにより根強く生えてくるのです。
 その結果、抜かれる前のヒゲよりも太く濃い毛を生やそうとします。
 しかし、数回ヒゲを抜いただけで急に濃くなるということはありません。
 ヒゲの処理を長期間継続して行っていると、徐々に太く濃いヒゲになってしまう可能性があります。
 ”毛抜きをすると、剃って処理した時より伸びてくるのを遅らせることが出来る”という理由で、毛抜きをしている男性もいますが、ヒゲを今以上に濃くしたくないのであれば、「毛抜き」という行為は控えた方が良いでしょう。
ヒゲを抜くことによるデメリット

3.ヒゲを抜くことによるデメリット

 上で書いたように、ヒゲは抜くことで濃くなっていく恐れがありますが、ヒゲの毛抜きにはデメリットがまだまだあります。
 毛抜きを行うと、毛穴内部や皮膚に大きなダメージが与えられます。
 その結果、傷口に細菌が入り込み、毛嚢炎や炎症などの肌トラブルを起こす原因となります。
 また、再びヒゲが生えてくるまでに皮膚が回復し、皮膚の下で毛が成長する埋没毛を作ってしまうこともあります。
 埋没毛ができると毛穴内部で炎症を起こしたり、最悪のケースだと切開しなければならないこともあります。
 これを読んで、毛抜きによるデメリットやリスクを知って頂いた方は、もう毛抜きをしようとは思いませんよね。

ヒゲは毛抜きより脱毛”

4.ヒゲは毛抜きより脱毛

 ヒゲの毛抜きをしている人の中で、青ひげを解消したいという理由で毛抜きを行っている方もいるでしょう。
 しかし、毛抜きにはデメリットがとても多いと知ると、青ひげを解消するにはどうすれば良いのかお悩みになるかもしれません。
 青ひげを解消するのであれば、「ひげ脱毛」が最もオススメの方法となります。
 ひげ脱毛は、脱毛サロンやクリニックで受けることが可能です。
 ニードル脱毛やレーザー脱毛、フラッシュ脱毛など様々な脱毛方法が存在します。
 それぞれの方法にメリット・デメリットがありますので、自分の希望に合う方法を選択するのが良いでしょう。
 ひげ脱毛をすることで、この先毛抜きを続ける必要もなくなりますし、自己処理が減ることでお肌も綺麗な状態を保ちやすくなります。

まとめ

 以上が、ヒゲを抜くと濃くなるという噂の真相となります。
 皆さんがお悩みの青ひげを根本的に解消するには、ひげ脱毛しか方法はありません。
 それ以外の処理方法は、全て一時的な「除毛」に過ぎないのです。
 お金は必要になりますが、この先のヒゲに掛ける手間や時間が無くなると考えると高い買い物ではないかもしれませんね。

 当店は、広島にあるひげ脱毛専門店となっております。
 ひげ脱毛専用モードを兼ね備えたオリジナル脱毛機を使用しているため、皆さんの濃い青ひげにも高い脱毛効果を発揮します。
 痛みや肌への負担は少ない脱毛機となっておりますので、敏感肌の男性でもお気軽にご相談ください。
 広島一安い料金で、高い脱毛効果を発揮できるよう全力でサポートさせていただきます!