GENIE

GENIEは広島のメンズ(男性)脱毛専門です。脱毛に大敵、日焼けの原因について


脱毛に大敵、日焼けの原因


日焼けをすると黒くなる

日焼けをすると何故黒くなる?

脱毛の始めて日焼けを気にされる方も多くなったと思いますが、実際に日焼けは脱毛効果を半減させてしまいます。今回はなぜ脱毛効果を半減させてしまうか?ではなく、なぜ日焼けをするとお肌が黒くなるのか考えてみました。まず、皆さん最も勘違いされいる方が多い例としましては、「お肌が太陽光によって焼けているため黒くなる」と思われている方が多いです。しかしこれは間違いです。ではなぜ黒くなるのでしょうか?

脱毛が始まったのは120年前

紫外線ブロック、それがメラニン

脱毛をされている方はメラニンという言葉もよく耳にすると思います。このメラニンは髪の黒い色素を司っている成分でもあります。実はこのメラニン色素はお肌にも存在し、これが日焼けと大きく関係しています。夏場、海に行くと皆さんは紫外線をたくさん浴びてしまいます。いわゆるUVというものですね。これらの中には、体を透過する性質を持った強いUVAと呼ばれる紫外線があります。紫外線は人体にとっては悪影響なのは皆さん、ご存知かと思います。このUVAから体を保護するために、強い紫外線を感知すると私たちの体はメラニンを皮膚の表面に生成しようとします。このメラニンは紫外線を透過させず、吸収してしまう役割があり、体内への紫外線の侵入を未然に防止してしまうという優れものなのです。

紫外線は人間の保護作用

日焼けは人間の保護作用

これらの事から、日焼けは皮膚を焼いた事によって黒くなるのではなく、体内への紫外線侵入を防ぐためにメラニンを生成し、お肌の表面を黒くコーティングするという事になります。私たちが気付かず内に体はすごい反応を示しているんですね。

メンズ脱毛情報関連ページ