GENIE

ひげ脱毛なら広島の男性専門GENIEへ。各パーツのヒゲの違いについて記載しております。

各パーツのヒゲの違い 動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明

各パーツのヒゲの違い


各パーツのヒゲの違い

 ひげ脱毛を受けようと考えている男性でも、皆さんが同じ部位を脱毛しようと考えているわけではありません。
 鼻下やアゴにある青髭を無くしたい方や、首にまで生えてくる髭(ヒゲ)に悩んでいる方など、ひげ脱毛したい部位は人それぞれ異なります。

 そして、ひげ脱毛を受けた時に、効果の出るのが遅い髭(ヒゲ)の部位や、痛みの感じやすい髭(ヒゲ)の部位があります。
 毛の量や濃さによっても変わってきますが、効果の出るのが遅い部位と痛みの感じやすい部位をご紹介します。

効果の出るのが遅い部位

効果の出るのが遅い部位

①鼻下ヒゲ
 鼻下のヒゲは密集して青髭になっている方が多く、他の部位と比べて効果が出るのが遅いです。
 ヒゲの減り方としては、中央の方からまばらに減っていくことが多く、最後まで残るのは両サイドの一番ヒゲが密集している部分です。

②あごヒゲ
 あごヒゲについても鼻下のヒゲと同様に、密集して青髭になっている男性が多く、他の部位と比べて脱毛が完了するまでに回数が掛かってしまうことがあります。
 ヒゲの減り方は、全体的にまばらに減っていきますが、あごの先端部分(中央部)が最後まで残るケースが多いです。

③口下ヒゲ
 口下は、生えてくる範囲としては狭いですが、しっかりとしたヒゲが生えてくる部分です。
 唇の境目の方に生えているヒゲについては、光をきちんと当てるのが難しいため、施術者の高度な技術が必要となってきます。
 口下ヒゲについては、口角(両サイド)の部分が最後まで根強く残ることが多いです。

痛みを感じやすい部位

痛みを感じやすい部位

①鼻下ヒゲ
 鼻下はヒゲが密集して生えてきますし、皮膚も他の部位より薄いため一番痛み感じる方が多い部分です。
 ヒゲが徐々に薄くなっていくと痛みも少なくなりますが、強い痛みを感じるレーザー脱毛を受ける場合には、麻酔をしてもらうことをオススメします。

②口下ヒゲ
 口下についても、皮膚が薄く濃いヒゲが生えてくる部位ですので、痛みを感じるお客様が多いです。
 また、毛嚢炎や炎症といった肌トラブルも起きやすい部位のため、保湿などのアフターケアをきちんとしてください。

③首ヒゲ
 首は、人によってはアゴ裏から繋がるように濃く太いヒゲが生えてきています。
 また、皮膚も薄く柔らかいため、ヒゲの濃い方は光を照射した時に痛みを感じることがあります。

まとめ

まとめ
・ひげ脱毛の効果や痛みについては、毛量や濃さが関係するため個人差がある
・効果の出るのが遅い部位は、鼻下ヒゲ、あごヒゲ、口下ヒゲである
・痛みを感じやすい部位は、鼻下ヒゲ、口下ヒゲ、首ヒゲである。