GENIE

ひげ脱毛なら広島の男性専門GENIEへ。ヒゲが濃くなる生活習慣について記載しております。

ヒゲが濃くなる生活習慣 動画はこちら

ヒゲ脱毛動画説明

ヒゲが濃くなる生活習慣


ヒゲの生える理由

ヒゲの生える理由

 男性の顔にヒゲが生える理由は、諸説ありますが明確に分かっていません。
 しかし、毎日生えてくる事実は変わりませんので、自己処理をする必要があります。
 世のほとんどの男性は、毎日カミソリや電気シェーバーでヒゲの処理をしていると思います。
 自己処理を繰り返していると、髭の生えてくる部分が青くなり青髭となります。
 顔の皮膚は身体の皮膚と比べて薄く、またヒゲは他の体毛よりも濃く太いため、綺麗に自己処理をしても皮膚の下からヒゲの色が透けてしまいます。
 これが青髭の原因です。

ヒゲの濃くなる生活習慣

ヒゲの濃くなる生活習慣

 体毛やヒゲの濃さ太さには個人差がありますが、これには遺伝と男性ホルモンのバランスが関係していると言われています。
 男性ホルモンのバランスが正常な時は薄くて細いヒゲが生えますが、ホルモンバランスが乱れてくるとヒゲも濃く太い毛へと成長します。
 そして、男性ホルモンの分泌量は年齢や個人差も関係しますが、生活習慣にも大きく影響を受けます。

1.喫煙
 ヒゲが濃く太い毛へと成長する原因となる男性ホルモンは、喫煙によって増加すると言われています。
 喫煙者と非喫煙者の男性ホルモンの数値を比較すると、喫煙者の方の男性ホルモンの分泌量が10%程度高かったという調査結果があります。
 喫煙は、肺癌などの原因になるだけでなく、体毛やヒゲを濃くする原因にもなるため、出来るだけ控えた方が良いでしょう。

ヒゲの濃くなる生活習慣2

2.飲酒
 アルコールを摂取すると、男性ホルモンの分泌量は上がってしまいます。
 また、アルコールを摂取すると血行が良くなるため、栄養を毛乳頭や毛母細胞に多く運んでしまうようになり、結果としてヒゲの成長を促進させます。
 そのため、脱毛期間中の過度な飲酒は控えるよう、同意書に書かれているメンズ脱毛サロンもあります。

3.毛抜きによる自己処理
 毛抜きでヒゲを抜くと根元から処理出来るため、青髭を無くすために毛抜きで自己処理をしている男性もいらっしゃると思います。
 人体は、傷つくと以前よりも強く再生しようとするため、その部分が分厚くなります。
 これと同様に、毛抜きでヒゲを抜くと、次に生えてくるヒゲは抜けないように以前より濃く太い毛が生えてきてしまいます。
 そのため、毛抜きによる自己処理は青髭をより濃くしてしまいますし、埋没毛の原因にもなります。
 数あるヒゲ自己処理の中でも、毛抜きは最もして欲しくない方法ですので、ヒゲを毛抜きで抜いている方は今すぐ止めましょう。

ヒゲの濃くなる生活習慣3

4.辛い食べ物をよく食べる
 辛い物をよく食べる男性は男性ホルモンの分泌量が高くなり、あまり食べない方の男性ホルモンの分泌量は低いことが多いようです。
 辛い物をよく食べる男性の中で、ヒゲが濃い方は食べるのを控えてみると変化があるかもしれません。

5.夜型の生活サイクル
 夜型の生活を送っている男性は、男性ホルモンの数値が高くなってしまうようです。
 その理由として、男性ホルモンの分泌と睡眠には関係性があり、睡眠不足だと男性ホルモンの数値を下がってしまい、夜型の生活を続けていると男性ホルモンの数値が上がってしまいます。

ヒゲの濃くなる生活習慣4

 以上の5項目が、ヒゲを濃くしてしまう生活習慣です。
 上記の中でも、ヒゲの濃さと喫煙は特に関連性が高いです。
 喫煙はホルモンバランスを乱れさせたり、血行が悪くなることにも繋がりますので、ヒゲの濃さに悩んでいる男性は煙草を吸うのを控えましょう。
 生活習慣の改善を行っても、青髭などヒゲの悩みが解消しない場合には、メンズ脱毛サロンやクリニックでひげ脱毛を行い、ヒゲを無くしてしまうのが一番かもしれません。