GENIE

GENIEは広島のメンズ(男性)脱毛専門です。白髪の毛をメンズ脱毛するにはについて記載しております。


白髪の毛をメンズ脱毛するには


白髪の毛はなぜ生えてくる?

白髪の毛はなぜ生えてくる?
 年齢を重ねてくると、黒い毛の中に混じって白髪の体毛や髭(ひげ)が生えてくることがあります。
 髭(ひげ)が全体的に白くなってきたり、陰毛の中に数本だけ白髪が混じって生えてくるのは、やはりショックを受けると思います。
 黒い毛が密集している中に白髪が混じっているのは目立ってしまうため、メンズ脱毛で生えてこないようにしたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 白髪の体毛や髭(ひげ)が生えてくる原因は、黒い色(メラニン色素)を毛に乗せる役割を持つメラノサイトという細胞の活動が鈍っているためです。
 そして、メラノサイトの活動は運動不足や睡眠不足といった生活習慣の乱れに影響されやすいと言われています。

白髪の毛はメンズ脱毛可能?

白髪の毛はメンズ脱毛可能?
 生えてきてしまった白髪の毛について、メンズ脱毛が出来るのか気になると思います。
 実は、メンズ脱毛サロンやクリニックで提供している光源を利用した脱毛方法では、白髪の毛の脱毛は出来ません。
 なぜなら、光源を利用するフラッシュ脱毛(光脱毛)やレーザー脱毛といった脱毛方法は、黒色(メラニン色素)に反応する特殊な光を毛に照射することにより脱毛効果を発揮します。
 そのため、メラニンが含まれていない白髪の毛については、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では効果的な施術を行うことが出来ません。

白髪の毛はニードル脱毛のみ

白髪の毛はニードル脱毛のみ
 それでは、白髪の毛が生えている男性に適している脱毛方法をご紹介します。
 白髪の体毛や髭(ひげ)に対しては、ニードル脱毛という方法により脱毛効果を発揮することが可能です。
 ニードル脱毛とは、電気が通る特殊な細い針を毛穴に一本ずつ刺していき、刺した状態で電流を流すことより毛根を破壊する脱毛方法です。
 毛根部分に直接ダメージを与える脱毛方法のため、毛や肌の色に影響を受けることなく、効果を発揮出来るのがニードル脱毛のメリットです。
 また、一本一本細かい処理をしていくため、髭(ひげ)や陰部に一部分だけ混じって生えている場合や、産毛のように薄い毛などについても脱毛することが可能です。

ニードル脱毛にもデメリットがあります


ニードル脱毛にもデメリットがあります
 そんな白髪の毛も脱毛可能なニードル脱毛にもデメリットがあります。
 まず、毛穴に直接針を刺していくため、施術の際にかなりの痛みが伴います。
 特に、顔(ひげ)や陰部は皮膚が薄く敏感な部分ですので、他のパーツより強い痛みを感じやすいです。
 次に、毛穴一本ずつ処理をしていくため、施術時間が長時間になってしまいます。
 さらに、ニードル脱毛は一本単位で料金が設定されている場合が多いため、処理する本数が増えるとその分高額な料金を支払う必要があります。

ニードル脱毛にもデメリットがあります2

顔全体を綺麗に脱毛しようと考えた場合、髭(ひげ)の濃い男性だとトータルで100万円を超えてしまうこともあります。
 そのため、また数本や一部分にしか白髪の毛が生えていない方であれば、まずフラッシュ脱毛などの安価な脱毛方法で黒い毛を脱毛してしまい、その後残った白髪の毛をニードル脱毛で処理するというのが、料金も抑えられるオススメの脱毛方法となります。


メンズ脱毛情報関連ページ